【線路に上半身が!!】神戸市垂水区で起こった白バイからの逃走劇…からの惨劇

DSC_0444
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12日午前8時ごろ、神戸市垂水区塩屋町の国道二号線で、白バイが追跡中のバイクが衝突事故を起こし、追跡されていたバイクに乗っていた20代の男性が死亡。
現在、県警長田署が身元の確認を行っています。

長田署によると、白バイに乗る署員が長田区内で速度超過のバイクを発見。停止を命じるも、男性は署員の足を引いて逃走を開始。
バイクの男性は追ってくる白バイを振り切ろうと対向車線を逆走し、女性が運転する別のバイクと正面衝突した模様。

 

DSC_0429
(事故が起こった現場周辺)

東向き二車線西向き一車線の道路で、通勤や帰宅時の朝や夕方は比較的車の往来が多い道路です。

 

逃走していた男性は弾みで電柱を支えるワイヤーに身体を強く打ち付け即死。
身体はワイヤーに引き裂かれ、上半身だけが事故現場のすぐ横を走る山陽電鉄の線路内に飛ばされる状況に…。
まさに惨劇が起こってしまった現場は一時騒然になりました。

 

現場には生々しい血痕が…。

DSC_0440

 

DSC_0432

 

 

DSC_0433

 

ワイヤー
(男性がぶつかったワイヤー)

 

道路と線路を隔てる塀は2m50㎝程の高さがありました。
人間の身体が越えるとなると相当なスピードが出ていたと予測されます…。

DSC_0441

 

男性の上半身が線路に投げ出されたことで、山陽電鉄は上下27本が運休するなどし、約1万人に影響が生じた模様。
尚、追跡していた白バイは、男性が運転するバイクが対向車線に入った時点で、無理な追跡を打ち切っており、長田署の池田公寿副署長も「詳細は調査中だが、違反車両を停止させるため、必要な追跡行為だったと考えている」とのコメントを残しています。

以上の事を踏まえて、探偵の私から皆様にお伝えしたい事があります。
「白バイからは絶対に逃げられません。捕まりたくないのであれば、ルールに乗っ取った安全運転を心掛けてください。」

執筆者 探偵s.k

 

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    真っ二つになった人が逃げた犯人で良かったよ・・・白バイ隊員やぶつけられた女性の方だった悲しいですからね・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。