「強姦」をネタにする慶應義塾大学のバカ学生が大量出現!非難殺到で炎上

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

慶應義塾大学のサークル「広告学研究会」による強姦について、同大の学生たちがTwitterでネタにするという事態が相次いで発覚し、大変な騒ぎになっている。その一人が、先日の記事で扱った学生だ。同大に通うアイドルの町田彩夏が事件に言及するツイートをしたところ、彼女に対する罵倒や恫喝を繰り返して、非難の声が殺到した。

上記の件は氷山の一角であり、その他にも多くの学生たちが強姦事件をネタにして炎上している。一例が、法学部に在籍しているという学生である。強姦が報じられる以前の時点(未成年飲酒のみを大学が公表した時点)で、自身は広告学研究会のメンバーだったとツイートしていた。物議を醸したのは、強姦が発覚して以降の下記の発言だ。

「僕は6人の中の1人でしたが撮影係を任され女の子には触れさせてもらえなかったんです!『性の喜びを知りやがって』と怒った童貞の僕が学事に撮影した映像を届けて事件が発覚した次第です」。その真偽がネット上で話題になると、たとえ嘘であるとしても、冗談で済むような話ではないという異論が続出。

 

01

 

その後、先述のツイートは削除された。学生本人は炎上を楽しんでいる様子だったが、やがて、撮影係だったというのはネタであると宣言した。その他、町田彩夏のツイートにも便乗して、「この町田ってやつを叩けば本人が直々に晒してくれてフォロワー増えるってマジ?」と書いていた。

当サイトがツイートの過去ログを調べた結果、物騒な発言が大量に判明した。例えば、9月には中学校の周辺を徘徊していると宣言。「部活帰りの汗だくJCを見に来た」という。「幼女大好き!胸の膨らみ始めた感じ、たまらん!今日も幼女でしこるかー」というツイートも見つかった。また、新入生を対象としたコンテストに出場中の女子学生の顔画像やアカウントを掲載して、性器を口に「ぶちこまれたいのかな?」と書いている。

 

02

 

03

 

04

 

法学部の別の学生も、ツイート内容をめぐって炎上した。「目の前に立ってるおっさんの新聞に広研の記事載っててレイプレイプ書いてあって笑いそう」。さらに、強姦事件を大学が隠蔽したとされる報道に言及して、「大学が握りつぶしたんじゃなくて、ヤバいとこに自ら入っていく無脳さんに自己責任だって教えてあげただけやぞ」(原文ママ)と発言した。ここに記した以外にも、多くの学生たちの発言が問題視されている。

 

05

 

10月17日の夕方、当サイトでは慶應義塾大学の学生部に再度連絡を取った。週末の連絡時には不在だった、学生生活の管理・指導の担当者と話すことができた。同大の学生たちが物議を醸す発言をしているという情報は、その時点までに伝わっていたそうだ。だが、具体的な内容は、まだ確認できていなかったという。そこで、一連の問題の概要を説明したところ、驚いている様子だった。

前回の記事で扱った内容と本記事で触れた件を中心に、ツイートの詳細、学生たちの氏名や所属に関する情報を一通り提供した。それらの情報に基づいて、これから対応がとられる模様だ。

 

 

続報記事は、こちら

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    うわぁ…なにこのニュース()サイト

  2. 世直し より:

    町田彩夏が発端だし呆れるわ。勝手に政治アイドルって言っちゃってる人だもん。自分の家族は何も教えてあげてないのかね。親も親なのか⁉

  3. 匿名 より:

    もう、犯罪者育成大学に名前かえたら?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。