「強姦」をネタにした慶應大生、他人に成り済まして個人情報を拡散の暴挙!

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

慶應義塾大学の学生たちが、同大の「強姦」問題をネタにした悪質なツイートを連発していたことを、先日の記事で扱った。 (関連記事  

詳細は前回までの記事で触れたように、強姦問題に便乗したことが発端となって、学生たちのTwitterが立て続けに炎上した。そして、プロフィールや過去のツイート、Facebook等から、大半の学生たちは素性を特定されてしまった。その結果、彼らの氏名や所属に関する情報、顔画像等がネット上に拡散される事態となった。

特に注目された一人は、法学部に在籍しているという学生だ。「広告学研究会」による強姦の際に、撮影係を務めたと告白。その後、当該のツイートは嘘だったと釈明したが、そこに至るまでの過程で人々を挑発するなどして、非難が殺到した。やがて、問題視されたツイートが削除され、続いてアカウントも削除された。

当サイトが一連のツイートを調べたところ、各種の物騒な発言や画像が新たに見つかった。例えば、「事件の悪質さなどはさて置き早稲田のスーフリ、明治のクライスと比べると圧倒的にカッコいい広研、流石慶應ってかんじあるわ」と述べている。このツイートには、上記の三つのサークルの画像があり、それらを並べて比較している。

 

01

 

アカウントを削除する直前には、本件とは無関係な人物に成り済まして、その個人情報を拡散するという暴挙に及んだ。当該学生が成り済ましたのは、2ちゃんねるの「なんでも実況(ジュピター)」、通称「なんJ」で以前に素性を特定されて、氏名や住所、家族構成や顔画像などを晒された男性だ。

「部屋探ってたら卒アル出てきた」とツイートして、自身の顔と称して男性の卒業アルバムの画像を掲載。これを見た人物が男性の住所をツイートすると、学生は「おい、ふざけんなマジで消せよ!」などと言いつつ、今度は男性の出身高校、大学、父親の氏名などを書き込んだ。

 

02

 

9月のツイートによると、「Twitterサークル」なるものを作る計画が以前からあったようだ。新入生を迎える時期に、他のサークルの悪い噂をTwitterで拡散して、活動を妨害することが目的であるという。路上で女子中学生とぶつかって睨まれたそうで、「最高。可愛い。大好き。ノーハンド射精」などとツイートしたこともあった。

 

03

 

また、このたびの炎上騒動では、自身を非難する人々に対して「『低学歴、死ね』とリプを送れば万事解決する そんなこと言ってる奴らは十中八九低学歴」と煽った。「チンカスみたいな学歴の理系が文系叩きとか理系だし大変みたいな発言してるとお前は理系とはいえないし将来性ないからさっさと死ねばいいのにと思いますね」といった発言もある。

 

04

 

前回の記事ならびに本記事で扱った内容の多くは、ネット上にツイートの記録や魚拓は残っていないようだ。また、先日に当サイトが大学の学生部に情報を伝えた時点で、既に削除済みになっていたものもある。大学から依頼があった場合には、本記事に掲載しきれなかった内容も含めて、関連情報を改めて提供する予定だ。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。