欅坂46の炎上に続き、乃木坂46もナチス風の帽子をかぶった画像を公開!

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

欅坂46の衣装がナチス・ドイツの軍服を連想させるとの批判が殺到し、炎上するという騒動が先日に発生した。人権団体が抗議の意思を示し、本件は世界各国で報じられる事態となった。その結果、プロデューサーの秋元康氏やソニー・ミュージックエンタテインメントは、「チェックや認識が不足していた」と謝罪の意を表明した。

だが、ネット上では「衣装の問題だけではない」と、秋元氏やソニーの謝罪対応を疑問視する声もある。それは、欅坂46の振り付けで、ナチス式の敬礼ポーズらしきものをとる場面があるという指摘だ。当該の場面のキャプチャー画像も、ネット上に拡散されている。この点に関して、秋元氏やソニーは現時点までに見解を公表していない。

 

01

 

問題視された衣装の製作に携わったのは、スタイリストの尾内貴美香氏だ。尾内氏は騒動の当初に、そのデザインがナチスの軍服に似ていることを問われて、次のように答えていた。「デザインソースは全然違うところなのですが・・・ザワつくほど話題性がある欅はすごいですね・・・もし自分が衣裳に関わらなくなったら何かを察してくだい!笑」(原文ママ)。

 

02

 

尾内氏は11月1日の時点でも、当該の衣装について肯定的に語っている。「制服は私のデザインです!ワッペンのデザインはデザイナーさんに頼んで全てオリジナルで作っていただいているので帽子に付いているものもオリジナルです!制服のデザイン自体はハロウィンらしくカッコ良く仕上がったなと思っています!」。

繰り返し質問してくる人物に対しては、皮肉交じりと思われる、以下のような返信をしている。「これ以上の返答は控えさせてください。捨て垢まで作ってくださって何度もメッセージ飛ばしてくださってお手間を取らお掛けしているのに真摯に対応して出来ずにごめんなさい」(原文ママ)。

 

03

 

騒動が各方面に拡大する中で、今度は乃木坂46の斎藤ちはるのブログの10月31日の更新内容が物議を醸した。ハロウィンの仮装で、ナチスを連想させる帽子をかぶって撮影した画像を掲載したのだ。市販のものと思われるが、欅坂46の炎上騒動の渦中でこのような画像を公開したことを、疑問視する声も上がっている。

 

04

 

また、過去にAKB48のメンバーたちが、ハーケンクロイツの形に手を交差させるポーズをとって撮影した画像をネット上に何点も公開していたということも、再び取り上げられている。これは2011年に話題になった出来事だが、今回の件との関連で「認識の甘さ」を問う声もあるようだ。

 

05

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 田丸清 より:

    >秋元氏やソニーは現時点までに見解を公表していない。
    見解だされたので加筆されたほうがよろしいのでは?

  2. ブロッケンjr より:

    尾内貴美香と言うスタリスト。
    力不足な仕事しますね。

  3. チア振り付け より:

    あのー、ナチス式敬礼は”手を前に出す”んですよ。選手宣誓みたいに
    欅坂の振り付けは、胸前から真横に振るチアガールのチア選手権でみられる一般的なダンスです
    チアと比べてボンボンを持ってないのと、アクロバットが無いだけなの

    • 熱斗紆余 より:

      高校球児にナチス式敬礼をマネさせる朝日新聞社と毎日新聞社に謝罪を求めるべき

  4. 匿名 より:

     左巻きクルクルパーは親近感故か、軍服なら何でもナチスに見えるのでしょうね。
     現実には欧米ではイデオロギーに絡めなければナチ軍服のコスプレも大目に見られてるとか。
     そりゃ共産主義の蛮行の方がナチスより数十倍性質が悪いですから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。