危険運転の動画を自慢で炎上した少年たち、正体判明!迷惑行為も大量に発覚

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、免許を取得したばかりの少年(以下、「A」と表記)が危険な運転をする様子を撮影した動画がTwitterで見つかり、物議を醸した。動画を公開したのは、Aの友人(以下、「B」と表記)である。B曰く、「やっと車の免許とったらしいでドライブつれてってくれた!!もお一生のらん」。

動画の冒頭、信号が青に変わった瞬間に、Aは間違えて車を後方へ発進させてしまった。「最初、確かに分からんもんな」、「難しいやろ」などと、免許を取得済みとは思いがたい会話がなされている。前方へ発進させると、今度は道路の中央に設置されたポールに突進してしまうという暴走運転が続いた。

 

01

 

この動画が問題視されると、当該のツイートは削除された。また、Bのツイート内容も非公開になった。だが、先述の動画の複製がYouTubeに出回る事態となり、情報が拡散された。さらに、彼らの友人に当たる人物(以下、「C」と表記)がAによる迷惑行為の数々を動画で自慢していたことも判明。

例えば、今年10月末には、ハロウィンで大勢の人々が集まっている公園で、Aは「こっち向けコラ、かかってこーい」などと絶叫し、人々を威嚇。やがて上半身裸になり、「おい、おい、おい、おい」などと絶叫しながら手を振って走り回った。そして、人々を追いかけたり、奇声を発して地面を転げ回ったりした。

 

02

 

5月にも、彼らはフードコートで迷惑行為に及んだ。Aが絶叫しながら歩き回る様子が、動画には映っている。「まじでまじで勘弁してくれ...まじでクレイジー」とCは書いている。その他、10月下旬には、夜に全裸で路上に出没。性器を露出して逆立ちする様子を撮影した画像を公開した。

 

03

 

04

 

彼らの過去のツイート等を調べた結果、漢字表記の氏名や在住地域など、素性を特定することができた。また、A本人のツイートから、宮崎県内の自動車教習所での合宿で免許を取得したことも発覚。「居眠り運転しただけで怒られた」、教習所に「デリヘル呼んだら先生に怒られキャンセル料5千円」などと、やりたい放題だったようだ。

まともに運転できない人物に免許を与えてしまった教習所の責任は、問われないのか。宮崎県警察本部では、本件を把握していなかったという。詳細を尋ねられたので、関連情報を提供した。教習所の責任の有無については、動画やツイートの詳細を確認した上でなければ判断しがたいという。これから事実関係の調査が行われる模様だ。

Cの通学先の大学も、本件を把握していなかった。そこで、発覚に至る経緯と概要、主要な論点等を説明した。それらの情報に基づいて確認し、対応をとるとのことだった。その後、問題視された動画等は削除された。Cのツイートによると、大学から呼び出されて、厳重注意を受けたという。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。