保険でお金を借りる方法とは?

低金利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今加入している生命保険に「契約者貸付制度」がついている場合があります。その場合、その生命保険を担保にお金を借りることができます。キャッシングに比べても圧倒的な低金利ですが、デメリットをよく知り、うまく活用しましょう。 

 

【お金が借りられる生命保険とは?】

生命保険でお金を借りることができる仕組みは以前からありますが、よく知られていない場合があったり、加入している生命保険でも「契約者貸付制度」に対応していない場合もあったりします。今まで積み立てた保険金の額の70%~90%を低金利で融資してもらえるため、審査や手続きが短く、申請すれば数日間でお金を手にすることができます。

 

もちろん貸付ですから返済の義務はありますが、消費者金融業者からの借り入れに比べると、金利も低く、返済期間も長く、毎月の返済が不要で、いつでも返済できるというメリットがあります。

 

【契約者貸付制度のメリット】

生命保険の契約者貸付制度は、解約返戻金がある積立型の保険に設定されています。例えば、終身保険、養老保険、個人年金保険、学資保険などです。保険そのものを解約することなくお金を借りることができ、返済が終われば、保険金も満額もらえます。金利も1%台~6%台と、消費者金融の金利18%と比べると圧倒的な低さです。

審査も不要で、信用情報にも記録されませんので、借入の記録の照会が保険会社に限定されます。返済期限は満期までですし、万一保険金の支払いが生じた場合も元金や利息を差し引いて支払われるので、問題ありません。

 

【生命保険でお金を借りるときの注意点】

契約者貸付制度は、メリットが多い借金方法です。一時的にお金を借りたいと思うなら、生命保険を担保にお金を借りたほうがお得です。

デメリットとしては、貸付を受けられるのは、保険料を支払っている保険契約者のみです。生命保険会社により貸付利率が違い、これは変えることができません。解約返戻金が少ない場合や保険契約を開始したばかりの時期では、保険料もあまり支払っていないため、借入できないことがあります。

元金と利息の合計が解約返戻金を超えた場合は、保険契約が失効する場合もありますので、注意が必要です。

 

メリットの多い生命保険の契約者貸付制度ですが、加入している生命保険が対応しているのかどうか、一度確認してみてはどうでしょうか?より有利にお金を借りたい人なら、ぜひ活用して欲しい仕組みです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー仙台長町(0120-777-002)

地域イベントに積極的に参加するなど、地域密着をモットーとし、加盟している地元商店街では「親しみやすい探偵さん」といわれている。持ち前の行動力と抜群の情報収集能力を駆使して、常に依頼者様の立場で問題解決に導く。士業との連携も深い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。