【本場の雰囲気を神戸で体感!】春節祭で沸き立つ南京町を潜入リポート!

DSC_1096
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月27日、中国の旧正月を祝う「南京町春節祭」が、神戸元町の中華街「南京町」で始まりました。

DSC_1091

 

 

様々な中国の伝統芸能がステージを彩ったり、周辺の中華料理店には長蛇の列ができたりと、現在南京町は年一番の賑わいを見せています。

 

春節というのは日本でいう旧暦の正月(旧正月)のことです。

アジア諸国では今でも年越しといえば春節を指し示す国が多く、中国、台湾、韓国、北朝鮮等では、春節を一年の始まりとしてお祝いの行事が行われます。

中国本土では、春節を機に1週間程の休日が与えられ、各地で花火や爆竹が鳴り響いたり、龍や獅子が舞い踊ったりします。

春節は毎年日にちが変わりますが、2017年の春節は1月28日。まさに今日が中国の正月なのです!

 

 

今日の南京町はどこもかしこも人だらけで、活気が溢れていました。

DSC_1061

DSC_1094

 

 

人が多すぎて中央のステージにはなかなかたどり着けず、

DSC_1063

 

DSC_1069

 

隙間から一瞬見るのがやっと…

DSC_1080

 

DSC_1085

 

ゆっくり見たい方は、早めに行くことをお勧めします。

 

 

 

南京町といえば、もちろん美味しい料理もいっぱい!

DSC_1078

 

DSC_1075

 

DSC_1074

 

 

 

 

ちなみに、日本に年越しそばがあるように、中国では春節に餃子を食べる習慣があるそうで、私もしっかり餃子を食べてきました。

DSC_1076

 

 

 

南京町では明日29日まで「南京町春節祭」を開催しています。本場さながらの雰囲気を是非味わってみてください。

執筆者 探偵s.k

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。