ゲイの男、少年たちとの性行為を撮影した動画をツイッターに大量公開!

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイの男性が違法と思われる動画をTwitterに大量に公開しているとの情報が、当サイトに寄せられた。プロフィールによると、男性は現在20代で、東京都内で年下との性行為に及んでいるという。以前には、別のアカウントを使用して活動していた。フォロワーも多く、ゲイの人々の間では広く知られているようだ。

男性曰く、自身との性行為を希望する少年たちから、Twitter経由で連絡が来るという。その少年たちと実際に出会い、性行為に及ぶというのだ。男性によるツイートには、その場面を撮影した動画が大量に掲載されていた。また、性行為の相手であるという少年たちを撮影した画像にはモザイク加工もなく、無修正の状態で性器が写っていた。

 

01

 

一例として、「DK1のサッカー特待生の裏の姿」とされる動画がある。「DK1」は、「男子の高校1年生」という意味だ。「生ハメの快感に堕ちて、今後の成長が楽しみです(^^)」と記し、「こんなふうにされたい子はDMくださいね~?(^o^)」と呼びかけた。もし事実であれば、この動画の内容は明らかに問題だろう。

 

02

 

性行為の相手は、中学生の場合もあるという。例えば、「DC中出し直後」に撮影したとして、中学生の少年の肛門を接写した画像も掲載されていた。「ゴム使用の有無は希望に沿っています(^^)」という。「DC処女喪失」と記して、男性が自身の性器を相手の肛門に挿入する場面を撮影したものも公開されていた。

 

03

 

「来月処女卒業予定のDC2から、まだ穢れを知らないお身体の写真をいただきました」とツイートして、性器が写っている画像を無修正の状態で公開したこともあった。また、少年たちとの交渉の過程とされるやりとりの一部を、画像で公開している。その中には、少年と出会った当日の会話をキャプチャーした画像もある。

 

04

 

05

 

男性は、自身の素性を明かすようなツイートは行っていなかった。だが、一連のツイート内容及び動画が事実であれば、違法行為の常習犯ということになる。情報提供を受けた当サイトでは、本件を警察に通報済みだ。本記事配信時点で、男性のアカウントは削除された。予備のアカウントも複数あるが、いずれも閲覧できない状態になっている。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. リベラ より:

    同様な行為は異性間でも頻繁に行われているし、同様な動画投稿はゲイ(男性同性愛者)の人たちの倍以上あります。このサイトはゲイの人たちの違法行為ばかりアップしてますけど、これは男性同性愛者に対する差別では?この動画の場合、お互いに同意があって・金銭がらみでの性行為ではないですよね。公開しているけれど、個人が特定できないよういしています。投稿者は一応相手の人権というものは十分考慮しているんですよ。
    現在の法律では、未成年との性交渉は「淫行罪」ですけど、性欲旺盛な10代の男の子(しかも同性愛者)では、犯罪になるとわかっていても止められないものがあるでしょう。(現役の男性同性愛者の初体験はほとんど10代です。)初めは一夜限りの関係であっても、その後長い同性愛の関係に発展する事もたくさんあります。異性間であれ同性愛であれ、他人様の性愛まで取り締まる事はできませんし、本来してはいけないと思うのです。そっとしておいてあげましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。