障害者差別の発言を連発した雑貨店、その記録がネットに流出!

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑貨店の経営者が、障害者差別に該当する不穏当な発言を連発していたことが、読者からの情報提供で発覚した。問題視された内容をキャプチャーした画像が、ネット上に出回っている。公開したのは、店と口論になったという男性である。この店が弾き語りを無料で募集しているのを知って、男性が抗議したことが発端だったという。

「お金をお払いできないのですが、ドリンクを無料でお出しします」。「ドリンクって笑」と男性が返信すると、店側は立て続けに以下のような発言を連発。「かまってほしいだけですか?寂しいんですね・・・」、「知恵遅れの子 かわいそう」、「顔が、ダウン症みたい」、「子供が障害者だから、親も障害者か精神病なのかな?」。

 

01

 

店側の罵倒は、さらに続く。「ダウン症だからまともにお話できないのかな??」、「犯罪者予備軍だから、施設に隔離した方がいいな」、「顔、キモいのによく出せるね。障害者にしか見えないよ?」、「君ね、植松にころされるべきだよ。T4作戦だよ」、「障害者は結婚もできないね」。「T4作戦」とは、ナチス・ドイツによる障害者安楽死政策の名称である。

 

02

 

その後、店側は一連の発言を削除したという。それに対して男性は、やりとりの内容を保存済みなので、「脅迫罪、名誉棄損、侮辱罪で警察に通報します。覚悟しとけ」と記した。すると店側は、「キチガイって、すぐ警察とか裁判って言うから、すぐ分かるwおもしろーい」。「拡散して宣伝してくれるなんて、すごい親切じゃん!優しいね」と煽った。

 

07

 

警察に通報しても、厳重注意程度だろうと店側は予想。「私車傷付けられて逃げた奴殴ったけど、逮捕されなかったよ?通報されて、注意されて終わり」。そもそも、最初に煽ったのは男性であると、店側は指摘した。また、実際に店に来て、弾き語りの実力を披露してほしいと、男性に提案している。以降も、両者の間での口論は続いた。

やがて男性は、店とのやりとりをキャプチャーした画像を集めて、ネット上にアップロードした。そこには、店の所在地や連絡先に関する情報、経営者の顔画像なども含まれていた。それらを公開することについては、店側の了承を得たという。さらに、本件をまとめたブログも公開し、経緯を説明している。

 

04

 

当サイトでは、当該の雑貨店への取材を試みた。店は、携帯電話の番号以外は公開していなかった。その番号に電話をかけたところ、電源が入っていないようで、呼び出し音も鳴らない状態になっていた。なお、店のブログは過去ログが削除された模様で、現在は連絡先も記載されていない。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

03

 

08

 

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. より:

    この店が弾き語りを無料で募集しているのを知って、男性が抗議したことが発端だったという。
    ↑文章下手過ぎ。説明能力ない人は文章の仕事辞めた方がいいともう。

  2. 匿名 より:

    執筆者の名前はどこに表示されているのでしょうか?

  3. 匿名 より:

    ソースは貼ってほしい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。