探偵という生き方・新人探偵ミノカ【尾行を失敗したときは】

20170320分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の中野駅近くにある総合探偵社ガルエージェンシー中野駅前に勤める、早く一人前になりたい新人探偵ミノカです。

普段は中野駅周辺で尾行の練習をしていたのですが、今日は東京スカイツリーに来ています。

何と先輩が練習相手になってくれるということで、中野の事務所からつけていたら、いつの間にか押上まで来ていたんですよね。

でも休日ということもあって、スカイツリーはめちゃくちゃ混んでます。こんな中で、先輩をつけるなんて至難の業。だって向こうは、私を巻こうとしていますからね。

絶対に巻かれないぞっ!っと思っていたのですが、こうやってブログを書いているので、気づいているかもですが、少し前に巻かれてしまいました。

今はちょっと、休憩もかねてカフェに入っているというところです。あぁ、でも残念。先輩を最後までつけることが出来たら、焼き肉をおごってくれるって言ってたのに。

探偵になってから三か月目。ほぼ毎日、尾行の練習をしていたので、腕が上がっているかと思っていましたが、やはり第一線で探偵をしている人には全くかないません。地道な努力しかないんだろうなぁ。

探偵もある意味職人業だと思うので、十年経つまでは一人前になれないんだと思います。でもだからと言って、半人前だから失敗してもしょうがないなんて思いません。半人前は半人前でも、若さとスピードで挽回していくつもりですし。

そうそう、最近変わったことがあるんです。前に人の動向が気になるようになったって書いたことがありますが、こういうお店に入った時には人の会話も気になるようになりました。

どの年代性別の人が何を話しているのかを聞くことで、その年代の旬が視えてくるんです。

あと、どういう顔つきの人が、どういう話をするのかというのも興味津々です。この先、どんな場面に遭遇するようになるのかわからないので、色んな人の感情を読み解くというのは私の力にもなると思うんですよね。

それに素人が誰かをつけている時とかも、わかるようになりました。自分で不倫の現場を抑えようとしているのかもしれませんね。

今も私の斜め前に座っている人が、その奥に座っている人をチラチラと見て落ち着きがない状態。

あれ、絶対何かやらかしそうです。ドラマや小説とは違うから、あの人が持っている鞄に包丁が入っているなんてことは、ほぼないとは思いますが…。

こういう時は先制攻撃。

大きな物音を立てて、その人をじっと見つめ、目が合ったらニッコリと微笑んで目で尾行しているでしょ?と伝える。

素人なら、自分が何をしているのかを他人に知られてると思ったら、急に怖くなって逃げちゃいますから。

ほら、あの人も立ち去って行っちゃったし。

でもこれ、先制攻撃をする人を間違えると、私が危なくなっちゃうから危険ではあるんですけどね…って、先輩を発見!

先輩も同じカフェに入ってきたので、尾行の続きをしてきます!今度は巻かれないようにしなきゃ!

音津家ミノカ(仮)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー中野駅前(0120-641-444)

東京都中野区、文字通り中野駅前にある好立地の支社。都内はもちろん、関東地方に至るまで土地を知り尽くす。機動力があり、迅速な調査が得意。アフターフォローにも力を入れ、「ご依頼者様の為に」を常に心がけて日々の調査に臨んでいる。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。