埼玉県川口市のマンションからロケット弾が!

zII0CQTv_anNuSC1414061385_1414062965
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月20日、埼玉県川口市西青木3丁目のマンションで、飛行弾が発射されるゲリラ事件事件が発生しました。

早速、事件後現場となったマンションの確認に向かいました。

zII0CQTv_anNuSC1414061385_1414062965

nxf9t_vQDRDa2Oi1414063429

KvcOfnVrXS6AVCE1414064219_1414064223
「事件現場となったマンション&付近の状況」

現場は、JR西川口駅の北東に約650mの位置にある住宅街の一角で、付近には市民の憩いの場所でもある「青木公園」が所在しています。
また、川口警察署から150mほどに位置します。
発表によると20日午前1時過ぎ、川口市西青木3丁目にあるマンションで大きな爆発音がしたということです。

近隣住民から「『バーン』という爆発音が聞こえた」などと110番通報があり、事件が発覚。
すぐに埼玉県警川口署(事件現場から直線で約150メートル)の警察官らが現場に駆けつけると、マンション3階から屋上に上がるための階段部分(鉄製門扉が設置されているが、施錠設備なし)に、金属製のパイプや支えるための台・焦げた形跡などが見つかった、とのこと。

パイプは長さ約50cm・直径は最も太いところが約10cmほどあり、鉄パイプのような形だった様です。
周囲にはパイプに付属していたと思われる金属製の工作物や金属片なども散乱していました。

川口署によると、これらは飛行弾(遠方に砲弾を飛ばすための迫撃砲)の発射装置とみられているとのことです。
このマンションの階段は西側に設置され、施錠等の設備がありません。
外部の人間でも自由に入れるような構造になっているので、現時点で犯人は特定されていません。

川口署は飛行弾が発射されたゲリラ事件の可能性があるとして、現場検証を進めるなど火薬類取締法違反などの容疑で捜査を進めている。
との発表でしたが、一夜明けた時点では現場付近は静まり返っており、 事件が起きた様子は見受けられない程でした。

この種事案が発生すると、事件は通称「公安警察」の扱うところとなりますが、事件が過激派(極左暴力集団)の犯行と思われることから、解決までには長期化が予想されます。

「何れかの過激派グループから犯行声明が出され、犯行グループが特定される事が多いのですが、それまでは特定不能の場合もあります」

この種事案は無差別的な被害の発生が予想されることから、絶対に許されざる事件です。
現時点では、「怪我人や被害家屋等なし」とのことですが、平穏な市民生活を脅かす卑劣な犯罪です。
事件解決には、市民の協力が絶対的に必要です。

情報をお持ちの方は、 埼玉県川口警察署  川口市西青木3-2-4 048-253-0110 まで。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉川越(0120-488-0077)

前職は刑事。刑事時代に培った経験や人脈を活かして、尾行・張込みはもちろんのこと、深層心理を見抜く能力には絶対の自信を持つ。メンタルケアカウンセラーの資格を持ち、各種相談に親身に対応するためご依頼者様からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。