【夢の刑務所暮らし?】交番襲撃の男を逮捕。「刑務所に入りたかった」

DSC_1400
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19日午前1時すぎ、交番の窓ガラスを割ったとして、自称神戸市兵庫区在住の無職の男(46)が逮捕されました。


現場は神戸市兵庫区荒田町2の荒田交番で、備え付けのパイプ椅子を使って窓ガラス1枚を割った後に自ら通報した模様。

DSC_1402

割られた窓ガラス

 

 


男は、「生活に困っていて、刑務所に入りたかった」と容疑を認めています。

 

 

 

 

私としては「刑務所に入りたい」という感覚は全く分かりませんが、実は同じような理由で犯罪を犯すケースは少なくないと言われています。その理由は…

 

 

日本の刑務所が素晴らしすぎるからです。

 

 

 

現在の日本の刑務所は、


清潔でエアコン完備

トイレは個室

週3回以上の入浴

過度な仕事で体を壊すこともなく

読書もできる

差し入れもほとんど自由

栄養価を考えられた食事を朝夕無料支給

 

 

 


特に食事面では待遇が良く、海外の食事と比べるとその差は歴然。400x300x1fa3d7c17f464ce8237099b4[1]

9ace49d4[1]

日本の刑務所の食事〔例〕

 

 

prison-metal-tray[1]

JailFood1[1]

海外の刑務所の食事〔例〕

 

 

年末年始には「特別食」として、年越そばやおせち等の支給もあるようです。

480x360x99ab898e8a7461420acd54a6[1]

 

 

 

しかも、受刑者一人ひとりの健康状態に合わせ、「減塩食」「粥食軟菜」等の食事メニューも作ってもらえます。

その為、高齢受刑者の再犯率は7割以上で、5人に1人は2年以内に再び塀の中に戻ってくるそうです。

お風呂も介護の刑務官が付き頭などを洗ってもらえ、准看護士の資格を持つ刑務官が24時間巡回して体調をチェック。症状が悪化すれば外の病院で専門医に診てもらえます。

 

なんと、すべて無料です!

 

今回の事件のように、生活に困り、申請しても生活保護が受けられない方にとっては絶好の救済施設ですね。

 

 

 


日本の刑務所、素晴らしすぎですよね…。(そりゃ私たちの税金も高いわけです。)

 

人権の尊重としては世界の模範になるような日本の刑務所ですが、犯罪の誘発という部分では、国による改善が必要なのではないかと、私は思います。

執筆者 神戸探偵 s.k

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。