【まさに金融革命!?】暗号通貨ビットコインの歴史と雑学! 前編

bitcoinPAKU5994_TP_V
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはビットコインって知ってますか?聞いたことあるけどよくわからない。とか怪しいイメージがあるっていう方が多いのではないでしょうか?そして怪しいとか危険とか言ってる人に限ってよく知らなかったり・・・(笑)

 

ビットコインとは

Bitcoin

ビットコインとは仮想通貨の一種であり、暗号を利用して偽造したり情報を書き換えることができないようになっています。このような仮想通貨を暗号通貨といいます。
2008年、ネット上に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が「ビットコイン : P2Pマネーシステム」というタイトルの論文を投稿したことがビットコインの始まりです。
論文の内容は、従来の管理者が通貨を発行するという仕組みではなく、P2Pの仕組みを利用して分散処理し、暗号化の技術と組み合わせることでビットコインの安全性を保証するというものでした。
この論文に多くのプログラマーや研究家が触発され、有志で集まってプログラミングを行い、2009年に初めてビットコインが発行されました。
ちなみに「サトシ・ナカモト」の正体は未だに判明しておらず、個人なのか組織なのか、どこの国の人物なのかもわかっていません。(イギリス人だという説もあります。)

 

最初の取引

149

当然、ビットコインも当初は通貨としての価値はありませんでした。
史上初のビットコインでの取引は、あるエンジニアが「誰かビットコイン一万枚とピザ一枚を交換しない?」と暗号通貨のメーリングリストに面白半分で投稿したことが始まりです。この投稿を面白いと思った別のエンジニアがピザを買い彼の家に届けビットコイン一万枚を受け取りました。
現在のレートでは1ビットコインあたり約14万円なので、14億円のピザということになります(笑)
このように最初はジョークで行われていたビットコインによる支払いですが、今は情報化社会。だんだんとビットコインの情報が広がっていったことにより、通貨としての信用性を得ました。

 

ビットコインは金と同じ

golden-bar

ビットコインはデジタルの通貨でありながら天然資源である金と似ています。
何故かというとビットコインは有限であり、プログラムで2100万ビットコインまでしか発行できないことになっているからです。ビットコインを管理しているのは元々製作者であったエンジニア達ではありません。ビットコインを管理しているのはビットコイン。つまりビットコイン自体が自立した通貨であり、プログラムなのです。ビットコインは金と同じで採掘によって得ることが出来ます。勿論、採掘といっても地面を掘ったりするわけではありません。
わかりやすく説明すると、ビットコインは複雑なプログラムで構成されており、ビットコインを得るためにはその暗号を解読する作業をして手に入れるか、ビットコイン所有者から購入するか、ビットコイン取引所で購入する等の手段があります。このビットコインの暗号解読作業を発掘または採掘と言います。(当然この発掘作業にはプログラミング等の高度な知識が必要です)ビットコイン自体、普及に伴い暗号が難しくなるというプログラムがなされている為に、普及に伴い価値が高くなっていく可能性があります。
なので投資目的でビットコインを購入する人が増えてきています。

 

 

如何だったでしょうか?ビットコインは現在数ある仮想通貨の源流であり、金融改革と言っても過言ではないかもしれません。
今回の記事は実際に、仮想通貨の開発等をしている会社に勤めているプログラマーの知人に協力してもらい作成しました。(M埼君ありがとう♪)
次回はビットコインについてより詳しい記事をあくまで中立的な立場から作成しますのでご期待ください。

 

執筆者 神戸探偵 Y

 

ガルエージェンシー神戸三宮

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。