【将棋ブーム到来の予感】期待の新星出現!でも将棋界の個性が強すぎて…

e8f74803-l[1]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彗星のごとく現れた中学生棋士、藤井聡太四段(14)。

先日、トップ棋士羽生善治三冠(46)を破ったことで一躍注目されました。

fujiiSota_7_main[1]

 

昨年、史上最年少で将棋のプロ棋士となり、
デビュー戦から14連勝。

 

羽生3冠は藤井四段について、
「攻守のバランスがよく、新人とは思えない落ち着きを持っている。今の時点でも非常に強いですが、これからどんな棋士になるのか。
すごい人が現れたなあ。」と、天才少年のさらなる成長を期待しました。

 

 

 

近年、スケート界の本田真凛選手(15)や、卓球界の平野美宇選手(17)のような若いスターが誕生すると、その業界は一気に盛り上がりを見せています。
藤井四段が活躍し注目を浴びることで、将棋界の人気も上昇間違いなし!

 

しかし、将棋界で注目を集めるには若くて強いだけでは足りません。必要なのは…

 

個性!

 

将棋界には、まるでマンガの登場人物のような個性強めの棋士が飽和状態なのです。

 

 

 

将棋界の頂点に君臨する最強棋士
「羽生善治」

Šû¹‚ð–h‰q‚µAÎŠç‚ðŒ©‚¹‚é‰H¶‘PŽ¡‚QŠ¥‚T“úŒßŒãA“‡ªŒ§]’ÃŽs

絶体絶命の不利な局面から起こす大逆転が魅力。
予測不可能な絶妙手は「羽生マジック」と呼ばれ、将棋界で初の7タイトル独占を達成。
相手が悪手を指すとため息をつき、それを聞いた相手は負けを確信するという。

 

 


おちゃめな現役最年長棋士
「加藤一二三」

32848411_624[1]

「ひふみん」の愛称で親しまれ、最近ではテレビの露出も多い。
熱心なカトリック教徒であり、対局中に聖歌を歌いだすことも。
早指しの達人で、1分将棋の対局中でもトイレに立つことができる。1分間にみかん3つを平らげ、対戦相手の羽生善治名人を絶句させたこともある。

 

 

 

武蔵の異名を持つ研究の鬼
「三浦弘行」

photo_50[1]

将棋ソフト使用疑惑で注目を集めたが、実は将棋界一の努力家。1日10時間以上も研究に費やすこともある。
加藤一二三九段との対局では、両者とも一手ごとに部屋の温度を上げ下げし、無言の争いを演じたことがある。

 

 

 

将棋界のエンターテイナー
「佐藤紳哉」

db540305b7a552119cd469d3dbc29da1[1]

2005年に、勝率1位と新人賞を同時受賞。
将棋番組出演の際、イケメン風のカツラをつけて登場し、「豊島? 強いよね。だけど、オレは負けないよ」と棒読で発言したことが話題に。「キャラクター作りを頑張りすぎている」として、バラエティー番組にも取り上げられた。

 

 

 

このように、将棋界には実力だけじゃない猛者たちが他にも沢山いるのです…。

実力だけでなく、誰にも負けない個性を身に着けることが藤井四段を本物のスターにするのかもしれません。


執筆者 神戸探偵 s.k

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。