探偵という生き方・新人探偵ミノカ「猫の習性に学ぶもの」

image1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の中野駅近くにある総合探偵社ガルエージェンシー中野駅前に勤める、早く一人前になりたい新人探偵ミノカです。


以前、私が事務所に野良猫がよく来ている、といった話をしたのを覚えていますか?もー、相変わらず可愛い茶々君なのですが、ふと彼女が事務所に来る時間帯っていつも同じだなってことに気付いたんです。


私は猫と一緒に生活をしたことがないので、彼女たちがどういう気持ちで行動しているのかを、深くは知りません。


ということで、さっそくググってみました!


猫の習慣って、検索すると色々出てきます。やっぱり、気になる人が多くいて、それに応える人もいるってことなんですね。


猫は自分のテリトリーを持っており、だいたい1キロ圏内と出てきました。前に茶々君を尾行して失敗しましたが、彼女が1キロ圏内から出ないのであれば、捜索すると見つけられるかもしれませんね。


あともう一つ気になったのが、「察知能力」


野良猫は、大抵外で生活しています。だけど時間通りに行動したり、あそこに餌がある気がするとかという感覚も身についているようなんです!


これって本当にすごくないですか?


現代社会の人間の体内時計はたいてい壊れかけています。昔は太陽や月の灯りや火の灯りで生活をしていたので、これだけ明るかったら何時頃だなというのを感覚として持っていました。


だけど今は、人工的な灯りが増え、さらに規則正しい生活から遠く離れてしまったので、元々あった能力が弱まっているのです。


それでも、猫の能力は変わっていません。社会がこれだけ変わってきているのに。
昔の猫に比べると、能力的には落ちてきた部分も多いかもしれないです。でもまだまだ、野良猫も家猫も察知能力にたけている。


この察知能力って、実は探偵にも必要な能力の一つです。


例えば、尾行相手のことを先に調べておいて、この人がどういう行動をしやすい人なのかを知っておいたとしても、突然の行動に出ることがあります。
そんな時、察知能力があれば、突然の行動にも対応できるようになるから。


私は何度か先輩の尾行をしていますが、バレなかったことはありません。(自慢できることじゃないけど・・・)
つまり今の私は、茶々君以下のレベルってことなんですよね。


くぅ、こんな身近にもライバルがいたなんて。よーし、今日こそは茶々君を最後まで尾行して、どこの家でご飯をもらい、なんて呼ばれているのかをすべて明らかにしてみせます!がんばるぞー!!


音津家ミノカ(仮)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー中野駅前(0120-641-444)

東京都中野区、文字通り中野駅前にある好立地の支社。都内はもちろん、関東地方に至るまで土地を知り尽くす。機動力があり、迅速な調査が得意。アフターフォローにも力を入れ、「ご依頼者様の為に」を常に心がけて日々の調査に臨んでいる。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。