【この人を夢で見たことはありませんか?】夢に現れる男『This Man』の正体がついに判明!

f0b053b4ff31089a11950625e31b7823[1]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2006年、ニューヨークの精神科病院をひとりの女性が訪れた。
彼女は「今まで一度も会ったことのない男が、なぜかよく夢に現れる」と言う。

精神科医は、夢に現れるという男の特徴を聞き、似顔絵モンタージュを描いた。

その数日後、今度は別の男性患者が病院を訪れた。
先の女性と同じく「夢に知らない男が現れる」と言うので、同じように特徴を聞き、モンタージュを描いた。

すると、二つのモンタージュはそっくりに。

この現象に興味を感じた精神科医がモンタージュの男をネットで公表したところ、「私の夢にも現れた」という3000件以上の証言が世界各国から寄せられた。

世界中の人々の夢に現れる謎の男は、『This Man』と名付けられた。

 

 

 


そのThis Manがこちらです。

mig[1]


なんとも不気味ですが、
「あ、私も夢で見たことある!」という方は要注意です!

 

 


このお話、いわゆる都市伝説としてはかなり有名で、テレビでも多々取り上げられています。

先日放送された世にも奇妙な物語でも「夢男」として映像化されていましたね。

thisman1[1]

 

これまで都市伝説界では、This Manが夢に現れる理由について様々な説が囁かれていました。

 

元型説

This Manが夢に現れるという現象は、人間という生物に元々備わっている生理現象の一つなのではないか?というもの。

 

電気信号説

どこかの組織が、世界中の人の脳に電気信号を送る科学実験を行っているというもの。

 

ドリームサーファー説

This Manは実在する人物で、特殊能力で他人の夢の中に入り込めるというもの。

 

特にドリームサーファー説は熱を帯び、世界中でThis Manを探すためのポスターまで制作されましたが発見には至りませんでした。b586888a-ml[1]

 

nihongo[1]

 

 

ところがこのたび、とある人物がThis Manの正体を判明させました。

 

この事案がウィルスのように感染拡散したことに、何かおかしいと感じたとある人物は、拡散の出所のIPアドレスを調べました。
すると、イタリアの会社がホストすることが明らかになったのです。

 

 

学者が行った実験だった!

This Manを世に放ったのはマーケティングの研究を行っているAndrea Natella氏であることが判明したのです。

C-lbSSlUQAAbub_[1]

 

Natella氏は、デマが広がるスピードを調べるためにThis Manの話を作り、モンタージュと共にネットに流したのです。

 

モンタージュは、実際にはコンピュータプログラムによって作成されており、世界中で反響を煽るために、身近な顔の特徴を組み合わせてドキッとさせるデジャブ(既視感)像に仕上がっていると言います。

結果、「私の夢に現れた」というデマと思い込みにより、This Manはあっという間に世界中に広がったという仕組みです。

 

 

いかがでしたか?最初に「あ、私も夢で見たことある!」と思った方は、思い込みに惑わされやすい方なのかもしれません。
もしくは、実は本当にThis Manが存在するのかも…

あなたの夢の中だけに。


執筆者 神戸探偵 s.k

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。