【痴漢冤罪?】東急田園都市線の青葉台駅で線路に飛び降りた男性が電車に引かれ死亡【痴漢?】

青葉台駅01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東急田園都市線「青葉台駅」で、痴漢を疑われた男性が線路に飛び降り、電車に轢かれる人身事故が発生した。

22222

5月15日20時15分頃、横浜市青葉区の東急田園都市線「青葉台駅」下り線の線路上で男性が電車に轢かれ病院に搬送されたが、その後死亡した。

死亡した30歳代男性は押上駅発中央林駅行き下り線の電車内で、乗り合わせていた30歳代女性の右腰付近を触った疑いが持たれていた。女性は「右腰付近を触られていたような違和感を感じて振り返ったら男性がいて『すみません』と言ったので痴漢だと思った。」とのこと。男性は青葉台駅で電車を降りてその場から離れようとした所で女性と付近にいた他の乗客男性らに取り押さえられ、青葉台駅の駅員に引き渡された。

駅員が「痴漢の疑いのある男を確保」などと110番通報をした後に男性から事情を聴いていた所、『自分じゃない』といった内容を叫ぶように話していた男性が捕まれていた腕を振りほどきホームから線路内に飛び降り、線路上を10数メートル走って逃げたが後から来た電車に轢かれた。男性は病院に救急搬送され治療を受けたが間もなく死亡が確認された。

青葉台駅

5月だけでも「11日に新橋駅で痴漢を疑われた男が線路上に逃走」「12日に上野駅で痴漢を疑われた男が逃走後に駅前のビルから転落死」など今回の事故を含めて数件の痴漢に纏わる大きなトラブルが起きている。以前、テレビのバラエティ番組で『痴漢をしていないのに間違われたら、どうしたら良いか?』という質問に対して弁護士らが『本当にやっていなければ留まる義務は無い』『全速力で逃げる』といった意見を述べていたことが影響してか、ネット上でも『とにかく逃げる』『身分が証明できる物を置いて立ち去る』という意見が多く見られる。

もちろん実際に痴漢被害に遭っている女性が多くいる現状で「痴漢の疑いをかけられ逃亡」=「痴漢冤罪」と脊髄反射的に考えることは好ましくないが、痴漢をしていないのに疑いをかけられた場合の無実を証明することの困難さや勾留等の社会的制裁の大きさから「冤罪だから逃げたのでは?」と考える人も少なくないだろう。本来なら痴漢を行うようなクズがいなくなれば良いのだが、痴漢被害や痴漢冤罪の根本的解決策はないものだろうか?

総合探偵社ガルエージェンシー横浜駅前

お問い合わせ

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー横浜駅前(0120-45-2244)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、神奈川県を始め千葉県・東京都などの広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。