【千葉県】匿名通報アプリ「STOPit(ストップイット)」でいじめの抑止と早期発見!問題の深刻化を防ぐ!【柏市】

千葉_いじめ01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンのSNSなどを使った非行の助長やいじめなどを防ごうと、千葉県柏市では2016年に市内中学校の一部で希望する新1年生の保護者に、子どもが利用するSNSやスマートフォンの利用データを取得し分析・監視できるアプリを無料配布する実証実験を始めていました。子どものスマートフォンにアプリをインストールしLINEやダイレクトメッセージなどのやり取りで、いじめや犯罪に発展しかねない「無視」「死ね」といった、あらかじめ登録されている約2万語の警戒単語を検出し危険度や送信者などを保護者に通知するというもの。

千葉_いじめ02

このアプリは「会話の本文は表示させない」などのプライバシー保護も施されていましたが、新入生約2800人と保護者を対象に実証実験のモニター参加を募っていたが、応募は約50組の家庭のみで「スマートフォンを持っていない」「対応機種ではない」というのが大半の理由だが「子どものアプリに対する抵抗感」なども理由として推察されたほかネット上でも否定的な意見が散見されたためか、本格導入ではなく日本PTA全国協議会(日本PTA)の推薦商品に留まった。

千葉_いじめ03

また、柏市教育委員会では2017年度から市内の市立中学校の全生徒に「いじめを匿名で通報出来るアプリ」を無料で提供するほか、1年生を対象にいじめを見て見ぬふりをする「傍観者」にならないための授業を始めるとのこと。アメリカで開発され同国内では約260万人以上に利用されている「匿名で報告・相談できる」スマートフォン用のアプリは、日本国内でも既に数校で利用されているとのこと。周りでいじめを見ても自分がターゲットになることを恐れて教師や親に相談出来ない生徒も少なくないとのことで、そのような生徒の救済策にもなり得る。

千葉_いじめ04

このアプリは立ち上げると「報告(通報)」「通話(相談)」といったシンプルで分かりやすいアイコンが表示され、匿名で柏市教育委員会に文章や画像・スクリーンショット画面などを送信出来る上に、相手側の表示は内容の他は学校名・学年のみとプライバシーに配慮され、各種相談窓口などの電話番号一覧が表示され通話やSNSを発信することが出来る「助けを求める」という機能もある。

LINEチャットのようなクローズドな空間で行われるいじめなどを早期に把握出来ることは非常に有効だとは思うが、匿名での通報や相談があった場合に真偽確認の方法や実際の対応方法などにはまだまだ課題が残るように感じるが、このようなアプリでいじめによる自殺という最悪の事態が少しでも減ることを願う。

総合探偵社ガルエージェンシー千葉駅前

お問い合わせ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉駅前(0120-22-44-70)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、千葉県を初め神奈川県・東京都など広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。