ユーチューバーが爆竹で驚かせる悪質なドッキリ動画を公開!晒し行為も発覚

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

福島県内を中心に活動する男性配信者が、YouTubeに悪質な動画を公開しているとの情報が、読者から寄せられた。男性は、体を張った各種の企画に挑戦する動画を公開しているが、再生回数はいずれも少ない。男性の「売名」に加担する結果にならないように、今回はあえて名前を伏せることにした。

ネット上では、配信者たちが注目度や知名度を上げるために、迷惑行為がエスカレートしていくことが多い。同様の事態に至る前に、本件について問題提起してほしいというのが、情報提供者からの依頼だった。当該の動画は、2016年11月に公開された。だが、男性の知名度が低いこともあり、これまで話題になっていなかった模様だ。

男性は奇抜な服装で、暗い夜道に出没。偶然通りかかった車を止めて、運転手にインタビューを試みた。インタビューは架空の企画であり、相手を驚かせて反応を楽しむというのが、本当の目的だ。最初はインタビューを断られたが、男性は運転手を強引に説得して、協力してもらうことに成功した。

 

01

 

02

 

そして、プレゼントをあげたいので目を瞑っていてほしいと、運転手に要請。運転手がそれに応じて目を閉じている間に、隠し持っていた爆竹に着火した。爆竹が暗闇で大きな音を立てて爆発すると、「あざしたっ、あざす、あざす、あざす、あざすっ、あざすっ、あざすっ」と連呼して、男性は一目散に逃げていった。

 

03

 

まもなく、「おい、クソガキ」という運転手の怒鳴り声が聞こえてくる。「すみません、すみません、申しわけないっす」と言いながら、男性が大慌てで走り去る場面で、動画は終わる。ドライブスルーで迷惑行為に及んだり、ラブホテルから出てきた赤の他人であるカップルが乗っている車を尾行したりといった内容の動画も公開している。

 

04

 

ラブホテルをどのような客が利用しているのか検証するという趣旨の動画では、複数のホテルの駐車場に停められていた車を手当たり次第に無断撮影した。当該の場面では、車のナンバープレートもはっきりと映っており、モザイク加工等は一切施されていない。その他にも各種の迷惑行為を試みているが、それらの多くは失敗に終わっている。

 

05

 

男性のTwitterから、本名らしきものが見つかった。当サイトでは、男性の在住地域の市役所に連絡を取った。地域の生活安全管理を担当する部署では、本件については全く把握していなかったという。動画やツイートの確認方法を尋ねられたので、関連情報を提供した。上司に報告するとともに詳細を調べて、対応を検討するという。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。