車の上に乗る動画の男はバカッター常習犯!過去の炎上騒動の中心人物と判明

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

車の屋根の上に乗った男性を撮影した動画がTwitterに出回り、騒然となった。問題視されたのは、2017年8月27日のツイートである。「とりあえず見てください 山梨は今日も平和です」。屋根の上に乗った男性だけでなく、車の窓から身を乗り出している別の男性もいる。彼らを乗せた車が道路を蛇行運転するという、危険行為に及ぶ様子が映っていた。

 

01

 

この動画の撮影が行われたのは、山梨県甲府市である。地元の警察に通報があり、道路交通法違反の疑いで関係者らの素性の特定を進めているという。先述の動画には、車のナンバープレートが鮮明に映っている。さらに、動画を公開した男性の過去のツイートには、彼らの氏名等に関する情報や顔画像もあった。

当サイトが調べた結果、この男性は2015年の4月にネット上で発生した大規模な炎上騒動の中心人物だったことが、新たに判明した。「暇だから変なヤンキー拉致った」と過去にツイートしていたことが発覚して、憶測が飛び交った。このツイートには、拘束されて身動きがとれなくなっている人物を撮影した画像もあった。

 

02

 

すると、「釣りではないか」、「本当ならば一大事だ」と話題に。また、飲食店や電車内で撮影した、各種の迷惑行為の画像も見つかった。当時、当サイトでは男性の素性を特定して、地元の警察署への取材と情報提供を行った。警察が当サイトからの情報に基づいて事実関係を調査した結果、「拉致」の画像は悪ふざけを撮影したものだったことが明らかになった。

この騒動から1年後の2016年6月にも、男性は「拉致」のツイートに関して「警視庁のサイバーパトロールから連絡来て警察署に呼び出しくらった 俺のツイートなんか見んなよ 暇人ども 仕事しろ」と書いている。だが、その後も当該のツイート及び画像は、引き続きネット上に公開されていた。

男性は複数のアカウントを所有しており、物騒な内容や迷惑行為を繰り返し自慢していた。渋谷のハチ公像にまたがったり、バイクに乗ったままコンビニに入店したりして、その様子を撮影した画像などがある。「運転手と喧嘩になったけど 走って逃げたから 溝に落としてオープンカーにしてやったわず」と自慢したこともあった。

 

03

 

男性は、かつて暴走族のリーダーを務めていた人物でもある。本人がTwitterに掲載している、2016年1月22日の山梨日日新聞の記事によると、この暴走族はメンバーの一部が傷害事件や窃盗事件を繰り返していたという。同日、今後は暴走行為に及ばないという宣誓を含む解散届を警察に提出した。

 

04

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。