「おでんツンツン男」が復活!無断撮影や暴言の動画が発覚、道交法違反も

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「おでんツンツン男」と呼ばれた人物が物議を醸したことを、覚えているだろうか。コンビニのおでんを指でつつく様子を撮影し、動画で公開したことで炎上した男性だ。この男性がInstagramでの活動をいつの間にか再開し、またもや物騒な内容を公開しているとの情報が、このたび当サイトに寄せられた。

情報提供者が問題視する内容の一つが、2017年6月に公開された動画だ。「大阪のこと全然知らないから、道も分かんないから、ちょっと外国人に道を聞いてみる」。そう言って、外国人の男女を勝手に撮影。男性が「すいません」と声をかけて奇妙なポーズをとると、男女は無視した。

 

01

 

その後も男性は奇妙なポーズをとり続けたが、相手にしてもらえない。すると、撮影しているカメラの方を向いて、「シカトだよ、シカトだよ。じゃあ、日本来んなよ」と発言した。男女が撮影されていることに気づいていなかったとしたら盗撮行為であり、気づいていたとしても無断撮影であって問題であると、情報提供者は指摘する。

 

02

 

5月末には、「曲がってはいけない交差点を華麗なハンドルさばきで曲がったら見事にお巡りさんとご対面 #あらこんにちわ という感じで#免停確定しました」と自慢した。プロフィールでは、「おでんツンツン」騒動でのメディアの報道を「マスメディアに捏造されたダーティな世間の印象」と非難し、「ツンツン ツ~ン ツン」と書いている。

 

03

 

04

 

4月に公開した動画では、スケートボード(スケボー)に乗って街を走る様子が映っている。この動画には、それなりに人通りがある公道を集団で勢いよく滑走していく場面がある。こうした行為は道路交通法に抵触するゆえに問題ではないかと、情報提供者は指摘する。その根拠とされるのは、道交法第76条だ。

「何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない」とあり、その一つとして「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること」が挙げられている。動画には周辺の風景も鮮明に映っており、当サイトが調べた結果、岐阜県岐阜市の国道157号線で撮影されたものであることが判明した。

 

05

 

当該地域を管轄する警察署に尋ねたところ、本件については初耳だったという。動画の内容は違法行為に該当すると、担当者は述べた。詳細を尋ねられたので、本件の発覚に至る経緯や概要、動画の確認方法等について関連情報を提供した。当サイトからの情報に基づいて、詳細を調べた上で対応を検討するとのことだった。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。