【男と女の修羅場】あなたならどうする?偶然にしては出来過ぎた驚愕のダブル不倫

wedding
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設業社長のH氏(38歳)は20代で同じ大学だった女性と結婚をし、幸せな結婚生活を送っていました。
結婚とは2人の世界。2人が愛し合っていれば何も問題ない・・・というわけにはいきません。
一言でいうなら、結婚相手には親、兄弟、親戚と付き合いはさらに広くなりますね。H氏は人柄もよく、妻のご実家とも仲良くされていたそうです。そんなある日の出来事です。

H氏は部下たちを連れて飲みに行った銀座の高級クラブで、ホステスの女性(25歳)と出会います。妻とは不仲でもありませんでしたが、可憐で話上手なその女性に次第に心惹かれていきました。それからどれぐらいの月日、どれぐらいのお金を使った事でしょうか…通い詰めてやっと心を開いてくれた女性。そして念願の恋仲になりました。しかしそれは妻に秘密の不倫の関係・・・
初めて不倫相手である女性の自宅へ行った時のことです。なぜかH氏の聞き覚えのあるしゃがれた声が、駐車場の方から聞こえてきました。
その話し声といつもの鼻歌はだんだんと自分の方へ近付いてきました。そっと窓から外を見てみると、そこにいたのは妻の父親ではありませんか!
「えっ?」一体どういうこと?
不倫女性の母親と一緒にこちらへ来そうな雰囲気です。 その時、H氏は気付きました。

自分の不倫相手の母親と妻の父親が不倫関係だということに

その直後、H氏のとった行動とは?
・・・気付かれる前に逃げる・・・しかない・・・かなりまずい。その後、その女性とはすぐに別れたそうです。
世の中、どこでどんな繋がりがあるかわかりません。私は社長のH氏に一言
「もし奥様からのご依頼で浮気調査を私がしていたら、今頃どんな報告書が出来ていたかしら(笑)」
その時の真剣な表情が忘れられません。
「知らぬが仏」という諺はこんな時に使うのかもしれませんが、世の中にこんな偶然て本当に起きるのでしょうか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉柏(0120-783-852)

20年間、政界の窓口で様々な相談業務に対応してきた経験を活かし、探偵業を開設。現在、心理カウンセラー、法律事務所スタッフとしても活躍。ガルの女探偵として、面談からアフターフォローまで行い、依頼者第一主義の調査に定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。