山口二郎が安倍政権を猛批判!「バンカーでの首相の転落は今の日本を象徴」

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

法政大学教授の山口二郎氏は、以前から安倍政権に対する批判を積極的に展開してきた論者として有名だ。山口氏は、東京新聞の「本音のコラム」欄の執筆を担当しているが、このところ発言はさらに過激なものになっているようだ。今回紹介するのは、上記のコラムでの、ここ2週間の山口氏の発言である。

2017年11月5日のコラムのタイトルは、「架空ゴルフ場密談」。安倍首相とトランプ大統領を思わせる二人の架空のやりとりを、皮肉を込めて書いたものだ。「戦争でも始めれば、国民も俺を支持するだろう。その時は日本もついてくるだろうな」とアメリカに言われると、日本は「もちろん、どこまでもついていきます、靴底のチューインガム」と返答。

続いてアメリカが言う、「それにしても、日本のソーリがうらやましいよ。自分の都合の良いときに議会を解散し、愚かな野党をやっつける。国民も他にやりようはないとあきらめて、いつもあんたの政党に投票する。ソーリの提灯持ちのジャーナリストはレイプ疑惑をもみ消すし。うまくできているなあ」。

 

01

 

これに対して、「過度な民主主義は政治の混乱のもと。貴国に押し付けられた憲法をくぐり抜け、合法的独裁をつくり出した私は、政治の天才かもしれませんね」と日本が応じる。安倍政権は独裁的だというのは山口氏の以前からの主張であり、Twitterでも「安倍か、反安倍か。民主か、独裁か」といった発言がある。

 

02

 

03

 

12日には、「永続敗戦の実態」と題してコラムを執筆した。前半では、白井聡氏の『永続敗戦論』の概要を紹介。このたびのトランプ大統領の言動やメディアの報道は、白井氏の議論を実証するものになったという。「米国は日本を最も重要なパートナーと考えているというのは日本側の勝手な思い込みである」。その理由を、山口氏は次のように述べる。

「最大のおもてなしであるはずのゴルフの場で、大統領は首相のミスショットにイラついてさっさと先に進み、ツイッターでは日本にたくさん買い物をさせたぜと、品のない自慢を書いていた」。一方、「メディア、特にNHKテレビは、もっぱら両首脳の蜜月関係をこれでもかと映していた。従属の現実を覆い隠すために国民を洗脳するようなものである」。

そして、「大統領を急いで追いかけようとしてバンカーの縁から転げ落ちた首相の姿は、日本という国そのものの象徴であった」と山口氏は結論した。これに先んじて7日のツイートでは、安倍氏ならびにトランプ氏の言動、両者に好意的なメディアの報道に対して、「これらに怒らない人には愛国心はないと断言したい」と述べていた。

 

04

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。