サイゼリヤで大量の食べ残しが発覚、ユーチューバー炎上!新たな問題も浮上

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、サイゼリヤで撮影を行っていたYouTubeの配信者たち(ユーチューバー)の実態がTwitterで暴露されて話題になった。問題視されたのは、「チョコレートスニッカーズ」と名乗って配信していた男性たちだ。騒動の発端になったのは、2017年11月22日の以下のツイートによる暴露情報だった。

「サイゼで飲んでたらYouTuberがいて、広いソファ席を陣取って動画の撮影してた。寝たり騒いだりしていて、まぁ迷惑で。店員さんも困惑」。さらに、「先に帰っていった彼らのテーブルを見たら、この有り様。ほとんど食べてない、この残骸。消えてほしいです、切実に」とツイートして、その場で撮影した画像を公開した。

 

01

 

この内容は各所で話題になり、様々な意見が飛び交った。すると、チョコレートスニッカーズは釈明のツイートを行った。撮影に使用したテーブル席は、事前に店に趣旨を説明して用意してもらったものだったという。他の客が映らないようにするという条件で、撮影を了承されたというのだ。

多くの種類を注文するという企画であり、そのことについても店側の了解を得ていたとのこと。撮影後の後片付けも自分たちでやりたいと申し出たが、店側から断られたので、それに従ったと述べている。だが、暴露した人物は納得せず、店内での彼らの態度の悪さを指摘した。また、食べ物を無駄にする企画自体に問題があるのではないかと苦言を呈した。

 

02

 

その後、上記の釈明のツイートは削除された。やがて、今回の騒動に言及した動画が公開された。撮影時に周囲へ迷惑をかけたことや、大量の食べ残しがあったことを、彼らは謝罪。そして、当日に撮影した内容の一部を公開した。「ここのメニュー、全部ください」と注文して、料理が次々にテーブルに運ばれてくる様子が映っている。

 

03

 

また、グループの「解散」を宣言する動画も配信した。だが、「チョコレートスニーカーズ」に改名するというネタだった。この件との関連で注目したいのは、騒動の初期に、グループの名称に問題があるのではないかという指摘が、Twitterでなされていたことだ。「そもそもスニッカーズって名前、許可取ってるの?商標侵害でしょ?」。

「こういう再生稼ぎの迷惑行為はほんと腹立たしい。完全にスニッカーズのブランド汚してるよ」。この指摘がなされた後、彼らのアカウントの背景に使用されていた、スニッカーズのパッケージの画像が削除された。同じ画像は彼らのYouTubeのページの背景にも使用されていたが、こちらも削除済みだ。

 

04

 

05

 

06

 

当サイトでは、スニッカーズの販売元であるマースジャパンリミテッドに連絡を取った。同社では、このたびの騒動を把握済みだった。「スニッカーズ」をグループ名とすることや、スニッカーズのパッケージの画像を活動に使用すること等に関して、これまでに当人たちからの申請は一切なく、同社では許可を出していないという。

つまり、彼らは無許可の状態で「スニッカーズ」という商品名を不正に使用し、さらに商品のパッケージの画像も無断使用していたことになる。本記事配信時点までに、この件に関して彼らからのコメント等は出されていない。なお、株式会社サイゼリヤにも問い合わせたが、広報の担当者が不在で戻る時間も未定であるとのことで、詳細を聞くことができなかった。

 

その他の証拠画像

 

07

 

08

 

09

 

10

 

11

 

12

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。