マクドナルドのハンバーガーやナゲットが生肉状態!暴露情報が大量流出

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


異物混入問題が相次いで発覚しているマクドナルドだが、ネット上ではもう一つ別の問題が注目され、騒然となっている。

各種のハンバーガーやチキンマックナゲットを注文したら、生肉状態で出てきたというのだ。騒動の発端になったのは、以下のツイートだった。「ナゲットに異物混入の次はダブルチーズバーガーの肉が完全にレア」。その証拠となる画像も公開していたため、大量に拡散されて話題になった。

 

01

 

すると、それに類するツイートが、今回の騒動以前から数多くあったことが判明。2014年11月以降のツイートを対象に、当サイトが確認できた範囲内に限っても、生肉状態での提供が8件も画像付きで報告されている。それ以前の時期や、画像のないツイートも加えると、その数はさらに増える。

 

02

 

 

03

 

 04

 

 

店に苦情を申し立てたという人々は、謝罪及び返金対応を受けているようだ。だが、テイクアウトで開封後に気づいたという人など、必ずしも店側には問題が伝わっていない事例もある。この件に関して、「気がつかないで食べてしまったら、健康面で心配です」という意見が、当サイトに読者から寄せられた。

日本マクドナルドホールディングス株式会社に尋ねたところ、生肉状態での提供に関するツイートが大量に出回っていることは把握していなかったという。騒動の概要と主要な論点を説明した上で、件数も多いため、メールにて広報担当者への情報提供を行った。

調理時に温度と時間の管理が正確になされていれば、生肉状態での提供ということは起こり得ないという。しかし、万が一、調理過程で機材に何らかの不具合が発生した場合等には、肉の一部に火が十分に通っていないという事態が発生する可能性は否定できないとのこと。生肉状態であるという申し出が客からあれば、返金もしくは商品の交換に応じることを、マニュアルで定めているという。

では、実際に生肉状態のものを食べてしまった場合、大丈夫なのか。そのように尋ねると、「マクドナルドの食材は、肉も原材料の段階でも安全性の管理が十分にとられていますので、ご安心いただけます」と担当者は述べた。ただし、当然のことながら、生肉状態であることに店員が提供前に気づけば、その商品が客に出されるということはないようだ。

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    ハンバーガー 中が生なんて普通だよ。
    アメリカでほとんどの店がそうだったし、軍の食堂もそうだった。
    おれは周りだけ食べてたよ。
    日本人おかしいのか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。