猫の死体を撮影、悪ふざけで画像を公開の少女に非難殺到!挑発でさらに炎上

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

猫の死体を撮影した画像をTwitterに公開した中学生の少女に、非難の声が殺到している。問題視されたのは、2018年2月28日のツイートである。友人と遊びに行って「たのしかった」と記しており、外出先で撮影した画像を掲載した。その中に、路上で車に轢かれたと思われる猫の死体の画像があった。

当該の画像には、猫の死体が写っている部分に「ありがとう」というスタンプが重ねられていた。さらに、別の角度から猫の死体を撮影した画像も披露し、「毛布と思った」と記した。これらのツイートを見た人々から、非難の声が続出。少女は、自身のアカウントを非公開設定に変更した。

 

01

 

02

 

その後、少女はアカウントのプロフィール欄を「モテます 頭弱い人苦手です(;_;)」と書き換えて、非難してきた人々を挑発した。さらに、少女の別アカウントとされるものも新たに見つかり、そのアカウントに向けて非難の言葉や罵倒のツイートを繰り返す人々も現れた。

 

03

 

すると、それらの一部を晒して挑発。「しね」、「ファロワー増えた(白目)」、「草」などと書いている。「猫殺したと誤解されてガヤガヤ言われてるんだけど怖いです助けてください(><)」というツイートもある。一方、少女を批判している人々の多くは、彼女が猫の死体をネタにしたことや挑発行為を問題視している模様だ。

少女は以前のプロフィールでは、自らを「真面目系クズ」と称していた。自身の顔画像を公開していた上に、プロフィールや友人とのやりとり等から、氏名や通学先も判明した。当サイトでは、少女の通学先とされる中学校に連絡を取った。同校の教諭によると、本件については外部から情報が寄せられているという。

だが、その時点までにツイート内容や画像は閲覧できていなかったそうだ。そこで、本件が騒動に発展した経緯や問題視されている点などを説明した。その上で、当方で確認できた事柄や各種の関連情報を提供した。同校では、当サイトからの情報に基づいて、これから詳細を調べるとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    この少女が真っ当な倫理感を持てること祈ります…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。