鹿児島のシンボル桜島がただ今膨張中!噴火で大きな噴石や火砕流の可能性も!?

さくらじま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年の調査中での出来事。
出先にてテレビの電源を入れると、御嶽山が噴火とのニュースの一報が!それから1か月程、報道番組ではそのニュース一色に。1991年に43人の死者・行方不明者を出した雲仙・普賢岳の火砕流被害を超え、戦後最悪の火山災害となった。

そして、2015年に変わったころ、また気になる一報が……。鹿児島県のシンボルといえる桜島が膨張してるというのだ。う~ん、これは少し心配だ。というのも筆者は鹿児島出身。桜島には格別の思いがあるのだ。

錦江湾(正式名称は鹿児島湾)周辺地域からはほぼどこからでも眺めることができ、海に浮かぶその姿は荘厳の一言である。あまり知られてはいないが冬になると毎年山頂部から7合目程まで積雪もあり、いつもとは違った姿を見せる。
imgfa790e4azikfzj

その桜島の噴火はいつもの事とはいえ、2013年8月には5000M級の大規模なものが記録されたこともあり、今回の報道に心配は尽きない。

images (1)

画像は2013年8月に撮影したもの。地元の知人いわく、『今回のはいつものより大きかったよ(笑)』とのこと。この噴火に慣れている鹿児島県人って一体……。

ちなみにここ5年間の平均噴火回数は年1000回を越える。そのため自動車、二輪車などはいつも灰だらけで洗車をしてもきりがない為、諦める人も多い。
さらに鹿児島初心者でやってしまいがちなのが降灰時、ワイパーでフロントガラスの灰を落としてしまう事。これはフロントガラスに傷をつけてしまうので絶対にダメ!他にも、

・各家庭には克灰袋なる袋が配布される。
・天気予報には桜島上空の風向きが表示される。(洗濯物を干す際に注意!!)

等のご当地ネタがある。自然災害はなかなか防げるものではないので、日ごろの準備が大切である。

 

(著 Ryo)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー川口埼玉(0120-918-681)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。2017年に川口市に移転(ガル川口埼玉)。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。