「放射能汚染された東日本の食物を救援物資として送るな!」と呼びかけて炎上

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

西日本の各地で発生した豪雨による被害では、救援物資の内容や届け方をめぐって、様々な議論が飛び交った。救援物資として何が適切なのか、地元のニーズはどのようなものなのかといったことが、繰り返し問われた。また、救援物資を届ける過程で現場での混乱が生じたため、支援の呼びかけ方の問題も含めて、各種の論点が提起されている。

そうした中で、Twitterでなされた呼びかけが物議を醸して炎上したとの情報が、このたび読者から寄せられた。発端は、ある女性が次のように呼びかけたことだった。「ぶっ叩かれるのを覚悟で書きます。東北&関東の人達が西へ救援物資を送ろうとお考えの場合、お願いですから現金にして差し上げて下さい。特に飲食物はNGです。東日本は福島第一原発事故で放出した放射性物質に汚染されている可能性が高いのです。それを弱った被災者に送らないであげて下さい」。

それに続けて、「ご家族・ご親戚・ご友人の場合は、私がとやかく言う範疇ではありません。ですが、広く一般に『被災者の方々のために何かしてあげたい』という広域の善意である場合は、先に上げた理由を良く考えてみて下さい。体が弱っている被災者の方々は、その影響を受けやすくなっている可能性大です」(原文ママ)と書いている。

 

01

 

これらの発言に対して、膨大な数のコメントが寄せられると共に、リツイートされて各方面へ情報が広まった。それに対して、女性が一つ一つ反論を展開したことで、騒動に拍車がかかった。やりとりの詳細に関しては、限られた字数で紹介しきれるものではない。そこで、以下では女性が提起した主要な論点を扱うことにしたい。

東日本大震災の被災地、特に福島県の「風評被害」関連で自身に向けられた批判は、的を射たものではないと主張。「私は『東北&関東』と書いただけで『福島』という文字は『福島第一原発』にしか使っていません」と記した。「『福島バッシング』系の発言が多いので、確認の為申し上げておきます」という。だが、この主張に対しても、再び多くの批判がなされている。

 

02

 

食品の安全性については、「検査されていない放射性物質もあるのに安全と言い切れますか?」と問題提起した。以前に、信頼できる検査会社に問い合わせたこともあるそうだ。だが、「問い合わせをした検査会社の名前を出さないのは、敢えてそうしています。私をあげつらいだけの方がその検査会社に電話するなどして会社にご迷惑をかけるのを避ける為」であるという。

 

03

 

女性は、これまでに都内で放射線測定器を使用した結果を撮影した画像を、繰り返し掲載してきた。そのような問題意識に基づいて、今回の件でも以下のように発言した。現在も「『そこにあるもの』は移動しませんが『舞っているもの』は移動します。つまり、東日本から非汚染地に移動する人・物に付着して移動してしまう」。

 

04

 

現金による支援という論点についても、人々から各種の異論が提起された。それらに対しては、「現金支援の方が、現地の行政・団体がその時点で必要な物を発注できるので、その方が良いと考えました。もしそれが、東北&関東の飲食物であった場合は致し方ないです」と説明した。「積極的に汚染地から何かを送るのではなくて、『支援の気持ちは現金で』という私個人の希望です」。

 

05

 

女性は自身への意見や批判に対して懸命にツイートしたが、コメント数が膨大であるため、途中で断念したという。その後、家事などで慌ただしいこともあり、一旦ツイートをやめると宣言した。本記事の執筆時点でも、ツイートは停止している。また、子供が通っていた学校へ、本件との関連で電話がかかってくるという事態が発生したため、警察へ相談したと報告している。

今回の騒動に限らず、被災地や「風評被害」については、論争に発展することが多いようだ。特に真偽不明の情報が出回った時や、人々の意見が極端に分かれるような話題の場合に、そうした傾向が強まると思われる。また、当該の女性のように積極的に反論を展開した結果、収拾がつかない事態になることも多い。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. ガイガーカウンター より:

    我が国家は真実を口に出してはイケナいのです。

    負けるな❗

  2. べくれる より:

    生活に余裕のある方々は、大多数が西へ生活拠点を移しています。

    皆、仕方なくその場所に住んでいるのです。

    現実に西は放射能汚染は少ないので仕方ないです。

    • 匿名 より:

      中国から毎日降って来る高濃度の発ガン性微細粉塵付着のPM2.5の直撃を受けてる九州と関西が言えた立場か?
      関東には中国の高濃度PM2.5なんか殆ど来ないぞ。

  3.   より:

    そもそも、この女性はそんなに危険だと思うのになぜ日本に住んでいるのかサッパリわからない。ソレほど、食品に危機感を持っているのなら、ありとあらゆる理由をつけて日本の食品なんて食べる事が出来ない様に思われるのだが、一体、彼女と彼女の家族は何を食べて生活しているのだ?

    しかも、一番問題だと思うのが、『福島原発』や『東北』と言いつつ、福島を名指ししてはいないという見苦しい言い訳をしている事だ。ならば、一体、何所の何を指して問題だと言っているのか?こういった輩は自分が風評被害の原因を作っている元凶だと微塵も思わない所が恐ろしい。正直、精神的な病気だとしか思えない。

  4. 匿名 より:

    程度の差はあるが全ての女は利己主義の馬鹿かキチガイ。

  5. 匿名 より:

    ノイローゼになりやすい人は女性が多いですね

  6. 匿名 より:

    ほんなら中国産召し上がれば。同じく被災受けてるのにずいぶんだわ。国産食べて病院送りになったかた居てる?ありがとうが先!文句は後!

  7. 名無しさん@ははは より:

    福島県の復興に携わった者として怒りを禁じ得ない、大体福島で栽培され出荷される食品は非常に厳しい検査を通過して安全が保証されている物です。

    そうした生産者や関係者の努力を無下にする言動のなんと無神経かつ無責任な発言かと恥を知れ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。