【注意!】フェイスブックをブロックした結果…思わぬトラブルに巻き込まれてしまった!

フェイスブック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フェイスブックでブロックされた仕返しに、横浜市青葉区の男性宅に侵入したとして同区に住むアルバイト男性が逮捕されました。

青葉警察署

2人は中学校の同級生で、2年前にフェイスブック上で再会しましたが、しばらくしてアルバイト男性が意味不明な書き込みを続けた為、男性が自身のフェイスブック閲覧を制限したそうです。

フェイスブックブロック

すると昨年の初め辺りから、玄関前にその場で排せつしたと思われる人糞を3度も置かれたり、自家用車に右翼団体名が記されたシールを貼られるなど自宅敷地内で嫌がらせが十数回にわたって続きました。

いやがらせ

男性が自宅に防犯カメラを設置した所、敷地内に侵入し携帯電話で周囲を撮影するアルバイト男性の姿が映っていたとの事。

このアルバイト男性は司法試験を受ける為の講座を受講していたという情報もあり、自らの行為に違法性は感じなかったのでしょうか?

SNSで個人情報をオープンにしている場合にブロック行為により、逆恨みなどの見に覚えのない予期せぬトラブルに巻き込まれるケースが少なくありません。

フェイスブックプライバシー設定

迷惑なコメントを残す人や特定の個人に見られたくない場合にはすぐにブロックなど完全にその個人を遮断するのではなく、プライバシー設定等により閲覧範囲や公開範囲の制限などで対処する事が望ましいでしょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー横浜駅前(0120-45-2244)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、神奈川県を始め千葉県・東京都などの広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。