渦中の桑田佳祐が謝罪文発表!!抗議団体がやって来たアミューズの現在は…!?

桑田と紫綬褒章
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紅白でも生中継された、サザンオールスターズの年越しライブのパフォーマンスが物議を醸している。

桑田佳祐が昨年11月に受賞した紫綬褒章をお尻のポケットに入れたり、オークションにかけるような発言をしたり、天皇陛下のマネをしたり…「ピースとハイライト」では、ステージ後方に×印がつけられた日本国旗や「中國領土 釣魚島」と書かれた映像をバックに流していた。

桑田と紫綬褒章

今回のパフォーマンスを受けて、サザンの所属事務所・アミューズに抗議団体が来たとのことで、取材に行って来た。

0104337582241505d3d1ad6a9585e42087d748ed65

報道から数日経っていたこともあり、現在は周囲に抗議団体はまったくおらず、殺伐とした雰囲気でもなかった。

0142e15e3e1b77e6cc5a49daf7a83922438baeac0e

抗議団体が来た日のことを、近くのコンビニエンスストア2店舗の従業員に聞き込みをしてみる。

012790e7fa60844ba651078fcadbe6571301e8792d

しかし、

「全然知らない」
「他の人に聞いてくれ」
「アミューズさんの社員も買いに来るから…」

というような反応がほとんど。アミューズに遠慮しているのか、抗議団体が怖いのか、その両方なのか、この件については触れたくないという感じがひしひしと伝わって来た。

批判が殺到して、さすがの桑田も慌てたのか、昨日になってようやくアミューズのHPに今回の件に関する謝罪文が掲載された。

「ライブの内容に関しまして、特定の団体や思想等に賛同、反対、あるいは貶めるなどといった意図は全くございません。」

あの演出を本当に軽はずみな気持ちでやったとしたら、それはそれで問題だ。あまりにも思慮に欠けると言わざるを得ないだろう。また、桑田がやると言った時、周りに彼を諌めたり怒ったりする人間が誰一人としていなかったのだろうか?

一ファンとして、桑田がお調子者で「愛すべき馬鹿」であることは昔からよく知っている。それでも今回の件はいただけないし、桑田には大いに反省してほしいと思う。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。