マクドナルドで虫の混入を「隠蔽」?暴露情報が発覚!金属片やネジの混入も

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、マクドナルドで購入した商品に人間の歯が混入していたという情報がFacebookに出回り、騒動に発展した。この件はメディアでも報じられて、各所で話題になった。このたび、「今回の発覚は氷山の一角である」とのことで、Twitterには同様の暴露のツイートが大量に存在するという情報が、読者から寄せられた。

情報提供者が特に注目したというのは、2018年8月にツイートされていた以下の内容だ。具体的な店舗名を記した上で、マクドナルドで「マックフライポテト」を購入したら「揚げたてのハエ食わされかけました」と述べている。ハエの混入について、バイト店員らしき女性に伝えると、返金対応となったという。

しかし、店長が出てこなかったことに納得しがたかった様子だ。さらに、ハエが混入していたポテトならびに、混入を伝えた時に提示したレシートも含めて、店側が処分したと暴露。これは「証拠隠滅」に該当するのではないかと批判している。ハエの混入は各地で発生している模様で、5月と7月にも同様の報告がなされている。

 

01

 

3月には、「マックフルーリー 超オレオ」を注文したら、黒く細長いゴムが混入していたとの報告がある。ゴムはアイスクリームに埋まっていたため、口に入れてしまったが、噛んだ時に気づいたという。2017年6月には、ポテトに金属片が混入していたと、画像付きで暴露した人物がいる。

 

02

 

03

 

同年5月には、「シャカシャカチキン(シャカチキ)」に50円硬貨が混入していたとの報告もなされている。2016年9月には、「マックフィズ」にネジが14本も混入していたという暴露情報があった。その証拠画像とされるものを公開しており、別のツイートには店舗名も書いてあった。

 

04

 

 

05

 

その他、昆虫、プラスチックらしき破片、消しゴムのようなもの、ビニール片などの混入を報告したツイートが大量にあることも判明した。ちなみに、マクドナルドのホームページには、異物混入が発覚した際の対応に関して、「決められた手順により、お客様のお申し出を伺い、対応・報告することを全店舗で統一しています」と書かれている。

 

06

 

当サイトでは、先述のハエの混入に関して「証拠隠滅」と批判された店舗に話を聞いた。店長によると、各種のトラブルが発生した場合に、その内容を把握しているかどうかということも含めて、店舗では答えられないことになっているという。したがって、この件に関しては本社に連絡してほしいとのことだった。

そこで、日本マクドナルドホールディングス株式会社に連絡をとった。応対した担当者自身は、当該の問題については把握していなかったという。そこで、本件が発覚に至った経緯、問題視されている点、当該ツイートの確認方法等を伝えた。それらの情報に基づいて、これから確認が行われる模様だ。

情報提供者は言う、「異物混入が公式に発表されるのは大抵、マスコミで報じられたものや、ネットで大きな騒ぎになったものだけです」。危険物や不衛生なものの混入が発覚したら、そのつど公表してほしいという。どこまで公表すべきかということについては意見が分かれるかもしれないが、読者の皆さんはどのように考えるだろうか。

 

 

その他の証拠画像

 

07

 

08

 

09

 

10

 

11

 

12

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。