ちょっとした雑学!「おあいそ」の本当の意味は…。デートで使えるお寿司屋さんの隠語!?

明日使える雑学!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は知らなくても何の問題も無いが、知っていれば話のネタになるかもしれない、そんな話をしたいと思う。

我々探偵は尾行などで多くの店に入る事が多い。そんな時に気になった事の一つとしてお寿司屋さんの隠語、符牒を今回は紹介したい。

meguro041

多くの人が「あがり」「ギョク(玉)」などご存知であると思うが、お寿司屋にはまだまだ多くの隠語がある。例えば、「むらさき」。ご存知の方もいると思うが、醤油の事である。何故「むらさき」になったのか、それは醤油の色から由来している。他には「なみだ」。これはわさび、わさびを食べたときに効き過ぎて涙が出ることが由来しており、その他にも見た目などが由来になっているものが多くある。

クサ⇒海苔(「海草」からきている)

ゲタ⇒お寿司を乗せる台(横から見ると下駄の形をしている)

シャリ⇒寿司飯(仏舎利“お釈迦様の遺骨”からきている)

ドンシャリ⇒寿司飯では無く普通のご飯

ツメ⇒タレ

ネタ⇒材料

ヤマ⇒ネタ切れ

meguro042

その中で面白い隠語が。
それは「兄貴」。何だかお寿司屋さんでは無く、仁侠映画に良く出て来そうな言葉ですか、「兄貴」は「兄貴は年上=さばいてから時間が経っている」ので先に使う材料の事で、対照的に「弟」という隠語は「弟は年下=さばいてからまだ時間がたっていない」ので後に使う材料を意味しています。

他にもお寿司屋さんが使う独特の数の数え方。

1⇒ピン、そく                  11⇒ピンピン

2⇒リャン、ののじ                12⇒ちょんぶり

3⇒きり、げた(下駄には穴が三つあるから)    13⇒そっきり

4⇒だり                     14⇒そくだり

5⇒め、めのじ(目は5画)、がれん         15⇒あの

6⇒ろんじ                    16⇒そくろん

7⇒せいなん(西南を指す)            17⇒そくせい

8⇒ばんど(はちまき)              18⇒そくばん

9⇒きわ                     19⇒そくきわ

10⇒ピンコロ、よろず、ちょう(丁)         20⇒のころ


この数え方を知っていると、お寿司屋の店員が会話している時価の金額また会計などが分かるかもしれない。

meguro043

そして最後に注意して頂きたい隠語。
それは「おあいそ」である。多くの方が会計時に店員に告げる言葉であるが、実は店側が使うと「お愛想が無くて申し訳ありません」と断りを言いながら勘定を提示する言葉となるが、客側が使うと「こんな店には愛想が尽きたから清算してくれ」と言う意味になってしまい、お店に対して大変失礼な事を言っているのである。

次回のデートで使えるかは分からないが、現代社会では少しずつ使われなくなっている言葉だが後世に残したい文化である。


※お寿司屋の隠語はあくまでお寿司屋さんの店員さん同士が使う言葉であって、お客である者が使うと快く思わない場合がありますのでご注意を!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー目黒(0120-444-932)

JR目黒駅から徒歩10秒の支社。幅広い人脈を活かした情報収集、最新技術を駆使した映像、人生経験豊富なスタッフによる万全のカウンセリングで依頼者からの信頼は厚い。1番得意とする浮気調査は、調査後のアフターケアも万全。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。