「必ず痩せる!」ダイエット商品の広告に疑問の声、画像も他所から不正転載

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大阪府大阪市の企業がネット上の複数のサイトで販売するダイエット関連商品の広告に疑問の声が相次いでいるとの情報が、読者から寄せられた。消費者の視点から見た場合、ダイエット関連商品の広告に使われている表現には「微妙」なものが多い。つまり、商品の効果を確約しているわけではないような表現だ。

一方、このたび問題視されたカフェオレの広告には、商品の効果を過度に強調したり、効果を断言したりする表現が大量に含まれていた。そのため、薬機法(旧・薬事法)に抵触するのではないかと物議を醸した。「確実に脂肪を溶かす!!」、「例外はありません!!全員が痩せてます」、「必ず痩せる!!!」、「効果は確実です!!」といった表現が満載だ。

 

01

 

02

 

しかも、「芸能人はカフェオレを飲むだけで痩せていました!!」と記して、有名人の名前の一部を伏せ字にして羅列。「深田●子」、「真木よ●子」、「ももクロ・●ーりん」などと記して、ネット上から取得した彼女たちの画像をそのまま掲載していた。ただし、彼女たちがこの商品を実際に使用したという表現は巧妙に避けている。

 

03

 

この広告からリンクされている販売サイトにも同様の表現があるが、こちらには有名人が愛用しているかのように錯覚させる表現も見られる。この商品を使用して痩せたという人々の体験談も満載だが、計算を間違えている箇所もあった。62.3kgから36.1kgに痩せて「飲用中止」となったという事例では、「-17.2kg」と書いていた。

 

04

 

以上の各種の問題は、この企業が扱っている他の商品の広告にも当てはまる。例えば、炭を使用したダイエット用のサプリの広告でも、有名人たちの名前の一部を伏せて掲載。「野呂●代」、「西●カナ」、「ダレノガ●明美」などと書かれている。こちらの広告では、有名人たちの画像の一部にモザイク加工を施している。

当サイトが調べたところ、広告に使用されている画像は他所からの不正な転載ばかりであることも発覚した。広告内の画像をGoogleの画像検索で調べてみると、全く同じ画像が次々に見つかった。一例として、「成分無破壊研究」の説明の箇所にある画像は、本当は京都大学でのiPS細胞研究の様子を撮影した画像だ。

 

05

 

当該企業が販売する商品を使用してダイエットしたという女性たちの、使用前と使用後の画像も、他所からの不正な転載ばかりだ。ダイエットメニューを提供しているトレーニングジムや、他の企業のダイエット商品のホームページ等に使用されている画像を転載しており、広告に書かれている氏名も全て偽名である。

当サイトでは、問題の企業の所在地を管轄する、大阪市の健康局・薬務指導グループに連絡を取った。このたびの件については、当サイトが連絡した時点までには把握していなかったという。そこで、当サイトに読者から寄せられた情報や問題視されている点、当サイトが確認した事柄等について説明した。

すると、担当者はその場で先述の広告を確認した。本件の場合、広告に使用されている表現等については薬機法に関わる問題であるが、有名人の氏名や画像の使用、他所からの画像の転載等については、複数の部署にまたがる問題であるという。内容を詳しく調査した上で問題の内容の削除を命じると共に、厳重な指導を行うとのことだ。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。