「トランプ観戦の大相撲は消化試合」と立憲民主党議員が発言、真偽と意図は?

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏が来日時に大相撲を観戦したことが各所で話題になった。その過程でネット上にて注目されたものの一つが、立憲民主党所属の衆議院議員である川内博史氏のツイートだった。このたび、当該のツイートの真偽や意図を調べてほしいという依頼が、読者から寄せられた。

 

01

 

川内氏はトランプ氏の来日前から、政府の対応をめぐって批判を展開していた。「トランプ氏への大接待。ゴルフに大相撲、炉端焼き。首脳会談1回で、共同声明無し。NHK岩田明子氏の妄想願望解説し放題になるだろう」と書いている。これに続いて、トランプ氏が大相撲を観戦後、以下のようにツイートした。

 

02

 

「千席のみならず、国技館全体にサクラを動員したのでは?バカらしくてやってられない、ということで関取達は14日目までに勝負をつけて千秋楽を消化試合にしたのでは?と、誰かが言ってました」。このツイートを見た人々からは、「サクラ」や「消化試合」の根拠や発言の真偽を問う声が続出し、憶測が飛び交った。

 

03

 

当サイトでは、川内氏の事務所に話を聞いた。事務所の担当者によると、上記のツイートに対して外部から問い合わせがあったため確認したところ、「友人から聞いた」と川内氏は述べたという。川内氏は大相撲のファンであり、今回のツイートには相撲が政治利用されたことを批判する意図があったそうだ。

「国技館全体にサクラを動員したのでは?」という発言は、政府が確保したとされる1000席分以外にも、いわゆる「サクラ」の人々が館内にいたのではないかという趣旨であると、担当者は説明する。つまり、この表現は「館内の観客の全てがサクラである」ということを意味しているわけではないという。

「消化試合」という表現は、日本相撲協会が政府に対して様々な配慮をしたと思われることへの批判の意図が込められたものだったという。その一例として担当者が挙げたのは、相撲協会が千秋楽の取組の発表を遅らせたことだ。通常は14日目の途中に公表されるが、今回は全ての取組の終了後という異例の事態となった。

この点について相撲協会は、「よい取り組みを決めるため」と説明した。だが、トランプ氏の滞在時間が延びることに伴う警備の負担を軽減するために、優勝決定戦にもつれ込むような事態を避けたいという意図があったのではないかと書いたメディアもある(時事通信・2019年5月25日)。

川内氏の担当者が挙げたもう一つの例は、トランプ氏の入場に時間がかかり、御嶽海と朝乃山の取組の開始が遅れたことだ。御嶽海は、取組がなかなか始められずに集中力が途切れそうになったと述べて、負けた朝乃山に同情していた。このように、力士たちというよりは相撲協会による政府への「忖度」の結果、千秋楽が「消化試合」のような内容になったのではないかという。

以上のような説明を、読者の皆さんはどのように受け止めただろうか。本件の情報提供者は、「~と誰かが言ってました」と具体的な根拠を示さない伝聞のようなツイートを政治家が行うことは非常に危ういと指摘する。川内氏に限らず、発言の影響力が大きい人物によるこうしたツイートは、様々な混乱や憶測を招く可能性があるからだ。

また、根拠を示さずに真偽不明の情報を意図的に流しても、「~と誰かが言ってました」と書けば許されるような風潮が生まれることを危惧するという。「政治家もこのような表現を使っているのだから」と、風説の流布を正当化する口実を与えてしまいかねないというのだ。「仮に、立憲民主党の議員さんのスキャンダルをでっち上げてツイートしても、最後に『~と誰かが言ってました』と書けば問題はないのでしょうか」。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。