れいわ新選組・渡辺てる子氏に批判続出!誤った情報やデマのリツイート連発

top
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

れいわ新選組・渡辺てる子氏のツイート内容に対して異論が相次いでいる。主義・主張についての批判ではなく、誤った情報やデマを安易にリツイートして広めるという行為を繰り返しているとの指摘がなされたためだ。当サイトに読者から寄せられた情報に基づいて、その具体例を見てみることにしたい。

2019年12月1日、れいわ新選組の支持者の男性が、「ほっともっと」の「のり弁当」に入っているちくわが半分になっていたとツイートして反響を呼んだ。消費税増税や価格据え置きが原因ではないかと推測しているという。渡辺氏はこのツイートをリツイートして、「消費税増税の悪影響です」と記した。

 

01

 

02

 

ところが、ツイートを見た人々から、誤った情報であるという指摘が続出した。のり弁当に入っているちくわは、以前から半分にカットされたものだったというのだ。さらに、ほっともっとの公式アカウントにて、「消費税増税に合わせてちくわの大きさを変更した事実はございません」と発表された。

 

03

 

すると男性は、ちくわが1本丸ごと入っているのは「BIGのり弁」であり、それと勘違いしていたと釈明した。BIGのり弁を食べた時の印象が強かったのだろうという。一方、男性は当初、生活が苦しいので、外出先では300円ののり弁当を食べると書いていた。そのため、いつも食べている弁当の中身を勘違いするのかと、疑問視する声もあった。

 

04

 

男性の釈明後、渡辺氏も「私も勘違いすみませんでした」と謝罪した。しかし、渡辺氏の場合は「勘違い」ではなく、男性の主張を鵜呑みにして反応したということではないかと指摘された。また、謝罪したとはいえ、当初のツイートもそのまま残してあったため、そちらだけを読んだ人々は真相を知らないままになるとの意見もある。

 

05

 

10月下旬にも、渡辺氏の反応が物議を醸した。騒動の発端は、ある男性が「おい日本政府見てるか~? 24歳(手取り10万)の夕食見てるかー? これ見て心が痛まないか~?」とツイートしたことだった。このツイートには、皿に乗った3本のきゅうりを撮影した画像があった。渡辺氏はそれをリツイートして、「これが現実です」と書いた。

 

06

 

07

 

だが、男性は日頃からブログで飲食店を紹介する記事を書いているではないかとの指摘がなされた。すると男性は、「僕は嫁のヒモなので外食代含めたデート代は全て嫁負担です。なので、いくら外食しても僕の財布はノーダメージです!」と答えたのだった。また、男性が公開した給与明細の画像では、差引支給額が19万円と記載されていた。

 

08

 

09

 

その結果、男性の当初の主張を前提に問題提起した渡辺氏にも批判の声が集まることとなった。その他、菅義偉官房長官が3000円のパンケーキを食べていることが話題になった際にも、その「経済感覚」を批判した渡辺氏のツイートが注目された。それが的外れであったことは、探偵ファイルの取材記事でも明らかになっている。

 

10

 

十分な裏付けを欠いたまま安易にリツイートすることは、渡辺氏にとっても、また、れいわ新選組にとっても、リスクが大きいと言えるのではないだろうか。渡辺氏のように多くの人々にツイートが読まれ、それがきっかけとなって情報が広められる人物の場合は特に、失態を繰り返すことで自身や政党への信頼を失うことにつながりかねない。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。