【嘘】世界で最も破られる愛の誓約【放棄】

結婚式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


とかく今の世の中には多くの嘘がまみれています。

政治家の公約(マニフェスト)、テレビ番組のやらせ問題……少し考えただけでも多くの嘘や偽りを思いつくことでしょう。

でも、よくよく考えてみると世界で最も多くつかれている【嘘】、守られていない【誓約】といった約束はというと多くの方が結婚式で言った永遠の愛の誓いではないでしょうか。

kekkon

離婚率が30%を超えてから10年以上が経つ中、2013年における婚姻件数は約66万組。それに対し、離婚件数は約23万組で離婚率は35%に達しました。

その全てが結婚式で誓いの言葉を述べたわけではないとは思いますが、結婚式を挙げた方の大半が神父さんからの

「その健やかなるときも、病めるときも
喜びのときも、悲しみのときも
富めるときも、貧しいときも、
これを愛し、これを敬い、これを慰め
これを助け、その命ある限り
真心を尽くすことを誓いますか?」

という問いに対し

「はい。誓います!」

と誓約した筈……。

浮気問題や性格の不一致など事情は様々でしょうが、多くの方は結婚式での誓いから数年(※最も多いのが5年未満)で永遠の愛の誓いを破棄していることになります。

「だからどうした?」
「そんなのただの形式じゃん」

そう言われたら確かに現実は形式的なものなのかもしれません。

しかしながら、大勢の方が見守る中で人生での唯一ともなりかねない神前の誓いが世界中で最も多く破られているというのもまた事実です。

日本では約2分毎に1組の夫婦が離婚していることから、その誓約破棄率が他のどんな契約や誓約のそれと比べ群を抜いて高いことがわかると思います。

そして社会保障費が増額され子供は国が育てるとされる世の中が進む中、近い将来に離婚率が40%を超えることが想定されます。
それでもアメリカやロシアに比べたらまだ低い数値。キリスト教が多く国ほど神前での誓いを守らないというのは何とも皮肉な結果ではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー名古屋駅西(0120-135-007)

別名『番長』。他の追随を許さない絶対的な調査力と情報網を持つ東海地区屈指の本格派探偵。生来の親分肌と人望の厚さからガル中部ブロック長、ガル探偵学校名古屋校校長、さらには新規代理店の教育係を兼任し、ガルグループの中心メンバーの1人として全国を奔走している。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。