やはり彼氏はストーカーだった?口喧嘩から疑惑が確信になる

ストーカー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある独身女性からの相談電話で、約1年前から彼氏が行動を監視、ストーカー行為をしているように思えるとの事。後日詳しく話を聞かせてもらうと、彼氏は車の販売修理店を自営しており、車には詳しい。女性は車検や修理にはその店を利用しており、車に盗聴器やGPSが付けられている気がしてならないという。

彼氏との会話から、最近特に監視されている確信があるということで、まずは車の中に盗聴器・ICレコーダー・携帯電話やGPSなどの機器が仕掛けられていないかを調査。その結果、特に類する物は発見することは出来なかったが、運転席にマイクがあるのを確認。

カーナビマイクカーナビマイク1

マイクはカーナビに接続されており、そのマイクは、カーナビの音声操作や携帯電話をハンズフリーで通話するのに使用しているとの事。カーナビを詳しく調べてみるとドライブレコーダーのカメラとも連動しているタイプで、カメラの映像や音声データなどはSDカードに常時記録されていた。

しかし、これはパソコンを使用してSDカードのデータを専用ソフトで起動すると、録画された動画と音声を地図上での走行軌跡と合わせて表示できる機種であった。 http://pioneer.jp/carrozzeria/carnavi/cybernavi/

ナビ画像

Pioneer WEBより

そのことを依頼者に伝え、車を監視すると、ある深夜に彼氏は現れ、合鍵を使用して解錠し、運転記録データが入ったSDカードを抜き取り、自分の車に戻りSDカードをコピーして、元に戻していた事が判明した。

依頼者の女性は「やっぱりね・・・」と言う反応だったが、この先どうするかは決めていないそうだ。

この件は少し前の案件ではあるが、いわゆる盗聴器などの機器でなくとも市販されているカーナビの機能を使用するだけで行動や音声が意図せずに他人に把握されてしまうと言う案件であった。

他のカーナビでも現在地が確認できる機種や走行履歴が閲覧できる機種が確認されているので、自分の車のカーナビの性能は把握しておく方がよさそうだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー岐阜第一(0120-126-007)

岐阜県庁近くに事務所を構える、立地条件のよい支社。岐阜県内は勿論、ガルネットワークを生かして全国を奔走する。調査力には自信あり。ご依頼者様第一主義を貫き、アフターフォローにも定評がある。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。