【オタキング】キスの次は愛人リストで緊急入院?岡田斗司夫氏の本当の罪とは?【炎上】

岡田斗司夫キス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自称オタキングで評論家の岡田斗司夫氏が、愛人問題などをめぐりまたネット上で騒動となっています。昨年末に流出したキス写真や80股疑惑も記憶に新しいが今度は愛人リストで炎上のようです。
モテない男性からすれば一見、羨ましいと思ってしまいがちですが、そんな事言ってる場合じゃありません。
では、彼の本当の罪とは何なのかを考えてみたいと思います。

岡田 岡田斗司夫(56) 氏 
※wikipediaより引用

 岡田氏が既婚者か独身かどうか知りませんが(ネット情報では両方あります)仮に既婚者ならば民法上の不貞行為には該当するでしょう。
あるいは、未婚の場合でも結婚を餌に関係を持った女性に対しては、複数の女性と関係を持っていたとするならば、結婚(婚約)詐欺罪も適用できるかも知れないです。この点は弁護士さんに任せて、ここからもう少し視点を変えて考えてみましょう。

 岡田氏と言えば昔は太っていて、オタク評論家でどちらかというとマイナーで「キモい」人たちの代表でした。
オタク評論家ですが、東大の講師をしていたりとインテリなイメージがあり、少しはオタクたちのイメージアップにつながっていました。
またレコーディング・ダイエットを開発した事でも名が知られています。本がベストセラーになると同時に自分もすっきりと痩せ、当時のキモい感じからは少し抜けてきたように思えます。

 しかしネットで流出した若い女性とのキスの画像は正直、他人が見て気持ちの良いものではありません。その後も元愛人と名乗る女性からの告白やそのやり取り。そして本人が言ったとされている80人との同時交際。果ては、付き合っていた女性との肉体関係などをランクをつけ記録したような愛人リストが流出。
ランクはAからCまでで、巨乳度・名器度・便利度などがあり付き合っていた女性からしたら屈辱的としか思えません。
ajinjpg

これは本当ならば、岡田氏には大変申し訳ありませんが、相当「キモい」です!

 この愛人リストの内容に関しては実在する女性との妄想であると謝罪したみたいですが、過去にレコーディング・ダイエットなるものを推奨していたので、記録することは好きで得意なんでしょうね!と思わずにいられません。
 最後に私が思う岡田氏の一番の罪とは、せっかくオタク系の人のたちのイメージや地位の向上を図ったのに、調子に乗り過ぎたのか?または元々そんな人なのか知りませんが、以前よりももっとイメージを悪くさせ、「やっぱりオタクはキモい」という印象を改めて世間に持たせてしまったことですね。

今までのことが台無しとはこのことです。本当に残念です。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。