名古屋市昭和区で殺人事件が発生!犯人は19歳の女子大生。動機は「人を殺してみたかった」

20150127160057(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


27日9時40分頃、名古屋市昭和区山花町地内に所在するアパート「ホワイト7Ⅱ」の1階にある部屋の風呂場で、同市千種区春里町に住む森外茂子さん(77)の腐敗した遺体をこの部屋を訪れた警察官が見つけた。
遺体には損傷があり、部屋には血痕があったという。

愛知県警がアパートに住む女子大生(19)に事情を聴いたところ
「自分がやった」「人を殺してみたかった」と語っているという。

殺人事件の一報が入ったため調査員は現場に急行した。

20150127160017(1) 20150127160455(1)

現地に到着すると「ホワイト7Ⅱ」周辺には多数の報道陣が見受けられた。

ホワイト7Ⅱ 20150127161728(1)

周辺にて取材した結果「ホワイト7」に住む19歳の男子大学生等に話を聞くことができた。

男子大学生によると異臭等の異変は特に感じなかったとのことである。
男子大学生は女子大生と面識はないとのことだったが、今晩は友人宅に身を寄せるとのことであった。

女子大生は昨年12月7日昼頃、室内で森さんの頭部を斧のようなもので殴るなどして殺害し、風呂場に放置し宮城県の実家に戻っていた。

女子大生は12月初めに森さんから宗教の勧誘を受けた際に知り合い、
数回会っており、森さんは宗教の勧誘の一環で女子大生の部屋を訪れた際に殺害されたものとみられる。

現場周辺は報道陣や警察関係者で雑然としていたため近隣住民に平穏な生活が一刻も早く取り戻されるよう調査員は願う。

 

調査員 I

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。