またもや発生!未成年女子(大)学生による殺人事件!?驚愕の犯行動機との裏腹は?!!

女子大生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

27日午前9時40分頃、名古屋市昭和区131番地の、へーベルメゾン ホワイト7Ⅱの1階アパート一室内の浴室にて、12月7日から行方不明として届け出が出されていた、名古屋市千種区春里町、無職森外茂子さん(77)が倒れているのを、愛知県警千種署員が発見した。

 

発表によると、女子大学生は昨年12月初め、被害者森さんから宗教の勧誘を受けた際知合い、事件当日12月7日は宗教施設を訪問した後、森さんが一人でアパートを訪れた際に、犯行に至ったと見られ、マフラーで首を絞め、自室にて斧で森さんの頭を殴るなどして、殺害容疑で名○○大学1年の女子大生(19)を愛知県警千種署が殺人容疑で逮捕した。

被害女性の遺体は既に腐敗していたが、外部損傷痕及び、部屋の中からの血痕も発見された。凶器とされる斧も浴室にて発見された。

現場は、閑静な住宅地で従来からの一軒家と、文教地区ならではの学生向け住居が混在する街でその中でも、昭和区のこの地域は、「囲繞地(イニョウチ)⇒その建物のある土地が直接道路に面していない場合(地主と合意が取れ、かつ幅員2m有れば)、民法上囲繞地通行権 認められます。が、驚くほど多い地域でもあり、族に言う袋小路の居宅が東西に1/3連続で続く地域でもあります。(土地及び住居の価値が有無は別)

殺害現場となった築23年のメゾン、そこに行くには北側の一軒家の脇を抜けて行くしかない?そんな一部遮蔽された様な環境での犯行発覚遅延、犯行日が日曜日の昼間にも関わらず、斧で殴られた音や悲鳴すら隣接した住居等の宅内には響かなかったのだろうか?

発表された犯行動機は、子供の頃から「人を殺してみたかった」「誰でもよかった」と、取り乱すことなく淡々と語れる状況・心理?何故深く根付いてしまったのか?早急な解明と的確な 精神面でのサポート体制にてケアをしていってほしいと思います。

真実を語り、真摯に反省し、後世全うに更生してもらう事を願います。

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー名古屋本山(0120-007-924)

人目を気にせずに訪れることができる、ご依頼者様にとっては優しい立地の支社。動じない性格とおっとりした口調の代表は、ご依頼者様に安心感を与えると専らの評判。アフターフォローも万全で、リピーターや弁護士からの紹介案件も多い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。