【探偵取材★業界シリーズ】風俗譲への取材 性癖、おしっこ、AF、臭いフェチ!? 

l201302091400
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


探偵をしていると、様々な業界の人とお会いします。
そんな多種な業界の人から、探偵ならではの聞き取り取材です。

今回取材したのは風俗譲のN子さん。20歳で風俗デビューし、ソープランド・ヘルス・デリヘルと風俗業界で経験豊かな女性です。

 

「風俗嬢として今まで色々なお客さんを見てきたでしょう。印象に残る人はいますか?」

「そうですね、81歳のおじいちゃんでしょうか?その方は、10日毎に必ず来店します。10日で溜まるそうです。そして、私たちのお店で済ませたら、一人カラオケで2時間演歌を歌って自宅に帰るそうです。」

「それは凄いおじいさんですね!ある意味見習いたいですね。」

「おしっこ関係を要求するお客さんも多いですよ。50人に一人ぐらい。」

「えっ!おしっこ!?具体的には?」

「放尿プレイだったり、飲まれる人も結構いますよ。」

「それは凄いですね!」

「いえいえ、結構いますからそんなにびっくりする事でもないですよ。ブラジャーをしている男性も100人に1人位はいます。」

「ブラジャーをしている男性?何故ブラジャーをしているのですか?」

「前に聞いたところ、デパートなどでブラジャーを購入するのが興奮するそうです。私は、ブラジャーに関しては慣れたので話題として突っ込みませんね。
(あ、しているんだ)程度。」

「面白い!変なところで興奮するんですね。」

「臭いフェチな方も結構います。今の季節の冬なんかは、ブーツが多いじゃないですか。そのブーツの臭いだったり、足の臭いに非常に興奮する方もいます。」

「オプションでパンティ持ち帰りもありますよね?」

「はい、数千円で販売する事もあります。前に、紐パンで怒られた事がありました。」

「なんでですか?紐ぱん、いいじゃ無いですか?」

「パンティの臭いの面積が少ないそうなんです。」

「笑」

「笑」

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー山形(023-629-6171)

山形県・宮城県・福島県で活動する探偵。業界歴17年 2,000件超の調査実績があり、中でも素行・行動調査が得意分野。弁護士・司法書士などとタッグを組み、依頼者様の為に何が出来るのか?を常に考えた調査を提案する。ベテラン調査員数名を中心に調査技術力には定評がある。また、ガル北海道・東北ブロックの長として、他の支社からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。