東京都内の心霊スポット「白金トンネル」に隣接していた通称「白金病院」が怖すぎる!

白金病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


東京都内にある有名な心霊スポットは沢山ありますが、なかでも私にとって印象に残っているのが「白金トンネル」です。(場所 :「東京都港区白金台5丁目・東京都品川区上大崎2丁目」間首都高速2号 目黒線 「目黒出入り口」付近)


このトンネルのわきには、旧日本軍が人体実験などを行っていた通称白金病院が隣接していました。今は取り壊されてマンションになっていますが、当時は異様な雰囲気で圧倒的な存在感を発揮していたのです。
白金トンネル







白金トンネル

今から15年前、深夜に私の友人がこの病院に忍び込みました。10人くらいが集まって軽いノリで行ったそうですが、想像を絶する恐怖であったと聞かされました。

まずはトンネルの横にある高い塀をよじ登り病院の敷地内に入ります。建物は2つあり、動物棟ともう1つあったそうです。(記憶が曖昧でしたのでこのような表現に留めておきます)

彼らは地下室を歩き色々な部屋に入りました。
そこで見たものは、天井から吊るされた鎖、血が付いた壁、バイオハザードと書かれた部屋、剣山のようなものが上に設置してあるテーブルなど……。
普通の病院からは想像もできないものが数多く発見されたそうです。

地下室を一通り見た後、階段を上ると列の一番後ろの人が悲鳴を上げました。同時に一番前を歩く人も悲鳴を上げました。どうしたのか尋ねると、2人とも白い服を着た女性を見たと話したそうです。なぜ距離が離れているふたりにしか見えなかったのかは今でもわかりません。その後、2時間ほど病院内を歩きまわり全員無事に帰宅できたそうですが、もう二度と行きたくないと話していました。

この病院の跡地やトンネルには未だに心霊現象が多く報告されています。興味がある方は行かれてみては如何でしょうか?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー五反田(0120-274-200)

東京都大田区の支社。地の利と人脈、経験を活かした調査を得意とする。熱い信念と情熱を持って「お客様第一主義」を貫いている。士業関係者との連携も万全のため、アフターフォローにも定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。