愛知県最強のアンダーグラウンドに突入!風天洞/現代の魔界①

201501271246181
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は泣く子も黙る!?愛知県豊田市にある噂のスポット「風天洞」に突入を試みた!ここは豊田市のはずれにある観世音寺らしいのだが、山全体に石像が所狭しと置かれていて昼間来ても薄暗く気味悪い以外のなにものでもない。

20150127124618(1)

山の斜面にのびる道の脇に「風天洞」と書かれた石碑と道の両脇の石像。
とりあえず車を降り延々と続く山道をひたすら歩くと、点在していた石像がだんだん増えてきて気がつくとあたりは石像だらけなってくる。

20150127125148(1)

目の前には観音様に・・・無数のたぬき??

薄暗いこの寺で突然スピーカーから割れた音が鳴り響き驚いて飛び上がる。
センサーで人が通ると読経が流れるらしい。よく見るとあちらこちらにこの仕掛けがある。さらに坂を上ると異様な十二支の石仏からも読経が流れてくる。
ここは異界なのか魔界なのか?

20150127125350(1)

20150127125510(1)

恐る恐る先に進むとプレハブ小屋があり、中を見ると仏壇が置かれている。
とりあえず入場料を払い全長500mの洞窟「風天洞」へ。

20150127125733(6) 20150127125733(4)

まず目の前に飛び込んできたのは無数の首だけの石像。
不安が増してくる。

20150127125904(2)

20150127125904(1)

いざ突入してみると案の定、この洞窟にもセンサーを張り巡らせ、そこかしこから響く読経を洞窟が絶妙に反響し、洞窟独特の湿度と薄暗さが作り物のお化け屋敷にはないリアルな恐怖を体験できる。

まさに異界、魔界!

20150127130006(4) 20150127130006(5)

20150127130006(9) 20150127130006(10)

20150127130006(16)

水子 それは悲しい名前 あなたの水子が・・・・。

思わずごめんなさいいいい!!!と言ってしまいそうになる危険な洞窟。
一刻も早く抜けたいが、500mもあるとそれすらも許されない。
やっとのことで洞窟を抜けるがそこからもまだまだ恐怖は続く。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー愛知豊田(0120-293-007)

長年の建設業、飲食業経営を経て探偵業界へ。地元である豊田市を中心に活躍。 浮気調査、行方調査の高い技術とキメ細かいサービスは特に定評が高い。幅広い経験と知識を生かし「お客様第一主義」を貫く。調査後にも依頼者様に頼りにされる存在である。

関連記事

コメント

  1. […] 前回の続き寒さと恐怖に怯えながら、やっとの思いで洞窟を抜けると目の前に怪しい建物が出てきた。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。