【タイのカンニング対策】不正は絶対に許さない!これが正々堂々と戦う若者達の雄姿だ!

タイのカンニング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、たまたまみた「GANMI」(TBS系列)という番組で放送されていたのがこれ。

受験生は大真面目!

こんな試験は受けたくない! 潔癖症なら箱を配られてもかぶれず失格か!? 受験生は大真面目!


微笑みの国・タイ王国における試験の様子だ。

カンニング防止対策として全員が段ボール箱のようなものを被っている。
まず、暑そうだし、肩がこりそうだ。1人だけ白色ではない箱なのも気になる。
そして何よりも、この箱が学校の備品なのか、私物なのかも気になるところだ。

テストのカンニング防止ということだが、この状況は本当なのだろうか。
タイの一流大学数校の在校生・卒業生10数人に緊急で聞き取り調査を行ったところ、ほとんどの回答者が「聞いたことがない」「見たことがない」と答えたものの、数人は「聞いたことがある」との回答もあった。

タイに関しては、我々の常識でなぜ?やどうして?と考えてはならない、という鉄則がある。

何もかもが想定外!アメージング・タイランド!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京西部(0120-78-4143)

M大付属中ラグビー部→少年自衛官→様々な職を経験後会社設立→新宿歌舞伎町の飲食店経営やタイ王国での会社経営等を経て、26歳で探偵に。様々な経験と豊富な世界中のコネクションを生かし、国内はもとより国境を越える依頼も数多くこなす国際派探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。