すき家で出された麦茶にゴキブリ混入!炎上騒動の真偽は?元店員の証言

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

すき家で出された麦茶にゴキブリが混入していたとの暴露情報がTwitterに出回り、騒然となった。

騒動の発端になったのは、2015年2月6日の以下のツイートである。「片江すき家。これひどくない?もー終わりだろこれ。俺じゃなかったら警察もんよこれ…」。麦茶が注がれたコップの中に、ゴキブリが浮かんでいる様子を撮影した画像がある。「これ信じられんかもしれんけど、全て事実です。このままの状態で出されました」。

 

01

 

02

 

03

 

ゴキブリの混入を店員に伝えると、「あ、すみませーん。ってコップ替えただけよ どー思うこれ?」と問題提起している。この麦茶を誤って飲んでしまったのかと問われると、飲んでいないと否定。自作自演を疑う声もネット上には飛び交っているが、そのようなことは行っていないと当人は反論している。

6日の夕方、当サイトではすき家を経営する株式会社ゼンショーホールディングスの広報室に連絡を取った。担当者によると、今回の騒動については既に把握しているという。現在、社内で調査を進めている段階であるとのこと。したがって、事実関係等の詳細はまだ明らかになっていないようだ。

本件に関して、以前にすき家に勤務していた読者から証言を得ることができた。すき家では、厨房でコップを台に並べ、あらかじめ麦茶を注いでおくという。そして客に出す直前に、麦茶の入ったコップに氷を入れるそうだ。これは、麦茶を短時間で提供できるようにするために行っていることであるという。

麦茶の入ったコップを並べて台に置いてあった間に、何らかの原因でゴキブリがコップ内に入ったのかもしれない。問題の画像では、ゴキブリは既に溺死しているように見える。客に提供する直前での混入であれば、それほど短時間で溺死するとは考えにくい。したがって、混入後に一定の時間が経過していた可能性がありそうだ。

今回の件が事実ならば、もちろん店員の不注意であることは否めない。だが、店員が少なくて忙しすぎる、店員への教育が不十分といった原因も、問題発生の背景にあるのではないかとのことだ。

 

その他の証拠画像

 

04

 

0506

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。