リアル『ジョーズ』に襲われ日本人が死亡!人食いザメの恐怖!!

サメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オーストラリア東部のニューサウスウェールズ州バリナのシェリービーチで9日(日本時間同8時)サーフィンをしていた日本人男性がサメに両足をかまれて死亡したそうです。警察などの情報によると、地元在住のナカハラ・タダシさん
(41)とみられています。男性が4人くらいの仲間と沖でサーフボードに乗っていたところ「非常に大きなサメ」に襲われたとのことです。

著作者: Fallows C, Gallagher AJ, Hammerschlag N (2013)

著作者: Fallows C, Gallagher AJ, Hammerschlag N (2013)


周りにいたサーファー仲間たちが岸へ運んで手当てしたそうですが、既に両足が食いちぎられ、出血がひどかったとのことでした。南半球のオーストラリアは現在夏。サーフィン目的の外国人観光客も多い時期ですが、海岸は封鎖されライフセーバーらが海に入らないよう呼びかけています。


オーストラリアでは昨年9月以降、同州やクイーンズランド州などで4人がサメに襲われて亡くなっています。
実際この「凶暴ザメ」は増えているのでしょうか?映画『ジョーズ』のモデルになったホホジロザメを例に見てみたいと思います。

意外なことにホホジロザメは人為的な乱獲や駆除などが原因で、過去数十年間でその数を90%も減ったそうです。このままでは絶滅が危惧されるレベルにまで達してしまうとのこと。では他にどの様な「凶暴ザメ」がいるのでしょうか?
101927b
イタチザメ、メジロザメ、ヨゴレ、シュモクザメの名前がよく上がります。

イタチザメ、シュモクザメは日本周辺の海域にも広く分布しており、特にイタチザメの性格は好奇心旺盛で攻撃的!人にも近づいてきます。イタチザメが危険なのはあらゆる生物を捕食することに加え、普通餌にしないものでも躊躇せずに食べる習性だそうで、死骸や産業廃棄物など普通食べられないものまで何でも飲み込む様子から「ひれのついたごみ箱」とまで称されてます。
皆さんも海で遊ぶ際は十分に気を付けてくださいね。

880cab3bd60fdc6e160850f013c86650_m(著:Ryo)

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー川口埼玉(0120-918-681)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。2017年に川口市に移転(ガル川口埼玉)。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。