ニトリの看板に登ってツイッターで自慢!炎上した少年、その後を追跡取材

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、ニトリの看板によじ登った少年がTwitterで話題になり、炎上するという騒動が発生した。

騒動の発端になったのは、2015年2月11日の以下のツイートである。「今更やけどニトリの天井おもろかったで めちゃくちゃ高くて風で揺れて怖かったけど」。ニトリの看板が設置された屋上を歩く少年らを背後から撮影した画像や、少年が看板の上に乗っているところを撮影した画像を公開した。

 

01

 

02

 

03

 

さらに、過去のツイートから後輩との悪ふざけの記録が見つかった。「こんなん乗せられて家まで連れて行かれたわ何回死ぬかとおもったか…家の前で倒されたし」。スーパーマーケットのカートと籠を写した画像があり、盗んだものなのではないかと疑われた。

 

04

 

これらの問題に関する情報がTwitterで拡散されると、本件を取り上げるまとめサイトが続出。少年はそれらのサイトに関する話題や、自身に対して非難してきた人々のツイートを立て続けにリツイートするという行動に出た。問題になった画像を消すこともなかったため、さらに反感を買う結果となった。

少年の氏名、通学先、問題の画像が撮影された店舗なども特定された。当サイトでは、少年の通学先とされる高校に連絡を取った。教頭によると、今回の騒動については既に把握しているという。多くの人々から情報が寄せられたそうだ。

問題になったツイートや画像が残っていることを尋ねたところ、少年に削除させる方向で動いていると教頭は述べた。また、ネット上に出回っている少年の個人情報等に関しても、削除依頼を行っていくとのことだった。その後、少年のアカウントは削除された。

少年が看板によじ登った店舗にも尋ねたが、店として話すことはできないので、ニトリの東京本部に問い合わせてほしいという。東京本部の広報部によると、看板が設置された屋上は、通常は施錠されていて客が立ち入ることのできない場所であるそうだ。本件については対応を進めているところであると、担当者は述べた。

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。