黄色いリボンをつけた犬には意味がある!?イエロードッグプロジェクトとは

data
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、突然ですが黄色のリボンをつけた犬を見たことありますか?
外で可愛い犬を見かけると、ついつい駆け寄ってしまいたくなりますよね?犬好きの方や子供なら尚更、近づいて撫でてみたり遊んでみたくなってしまうことでしょう。

しかし、リードに黄色のリボンをつけた犬を見かけたらそっとしておいてあげてください。黄色のリボンをつけた犬たちは、何かしらの事情があって訓練している犬たちなのです。それは犬によって違います。

自分より大きなものに恐怖心を抱いて吠えてしまったり、噛んでしまったりする犬。体に障害がある犬。過去に虐待などを受けて人間不信になってしまい、「人間に慣れる」訓練をしている犬。人間ではなく、他の動物に対しての訓練をしている犬など様々です。

もし、外を歩いていて犬を見かけたら、まず一呼吸置いてリードに黄色のリボンがついていないか確認してみてください。このプロジェクトは「イエロードッグプロジェクト」と呼ばれ、日本ではまだまだ知名度が低く、知らない人もたくさんいると思います。

data

読んで下さった方が少しでも、頭の中に留めてくれたらいいな、と思います。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー長野(0120-132-747)

探偵歴約15年、これまで多数の案件を解決。特に浮気調査と行方調査には絶対の自信を持つ。関東のガル支社を統括する関東ブロック長としても手腕を発揮する。 Bee TV「男と女の愛情(秘)探偵ファイル」などメディア出演経験有。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。